2016年12月08日

多度津外れ情報

 こんばんは、二つ目アップの奥野君です。まあ新居浜も行っちゃったし、残るはここ~~ 
 
 ということで、多度津外れ情報

●撮影日 2016年12月5日

 月曜でしたが、
シーン・・ 
動車君もお尻を見せていただけでした。

ではでは。
  


Posted by 奥野君 at 23:16Comments(0)廃止中国四国

2010年02月12日

宇部岬報告

 おはようございます、なんか寝不足の奥野君です。4時間睡眠でパタパタし母親を百貨店に連れて行って2時間ほど爆睡。それから3週間ぶりかに模型を作り始めたら止まらなくなって(笑)。

 ということで、宇部岬報告。

● 撮影日 2009年8月22日

 とうとう廃止されてしまった宇部岬ですが、
始めていったときはこの子でした。それもあっさり中に入らせてもらえて。
末期はこの子はボロボロのまま奥に放置されていましたが、今はどうなったのかな? 実はこの日は日曜日。日曜日なのに5カ所撮れた今では信じられない日の一コマでした。

 ではでは、連休は野暮用をすませながら模型三昧かな? 書類系のお仕事は最期の大物にかかりかけてます・・  


Posted by 奥野君 at 07:03Comments(2)廃止中国四国

2009年11月24日

芳井鉱山報告

 おはようございます、昨日はトラバーサーの試作に熱中していた奥野君です。2両用2線トラバーサーと、一両用3線トラバーサー、何とか電動化できそうです。2線はタミヤの電動七福神セット、3線は同じくフォークリフトセット利用です。

 ということで、芳井鉱山報告。

 ●最終撮影日 1988年8月

 ここも有名でしたね。岡山県の山奥にある鉱山鉄道です。
鉱山巡りはあまりしませんでしたが,
この頃はネットもなかったので,
結構場所を探すのに苦労しました。
地図帳の中から芳井の名前を見つけるのが大変でしたです。
なにしろその頃持っていた本には中国地方としかなかったもので。
ここは友人と昔の学友を尋ねる旅の途中。翌日は学友を下津井電鉄に乗せてひんしゅくを買いました〜〜
 で、皆様期待されてるかもしれませんが、私の鉱山映像はこれで終わりです・・

 ではでは、明日は廃線跡かな?  


Posted by 奥野君 at 05:49Comments(2)廃止中国四国

2009年11月23日

白木谷鉱山報告

 おはようございます、またまた奥野君です。今日のアップは鉱山〜〜 現役鉱山はアップしませんが(まあ私も二カ所しか知らない・・)、廃止されたところはいいかな?

 ということで、白木谷鉱山報告。

 ●最終撮影日 1988年7月

 ここは、その筋のファン(笑)の中では有名だった鉱山鉄道。
四国は高知県の龍河洞近くの鉱山でした。
ここは中に入れてもらえないと全く撮影出来ませんでしたが,この頃はおおらかなもの。
「和歌山から来たんだ、ヘェ〜〜」てな感じであっさり許可が出て,
家族旅行だったので親父もウロウロ。
「お前と行くと変な所に来るなぁ」。
結構この頃は家族旅行にかこつけてウロウロしましたね。

 ではでは。  


Posted by 奥野君 at 10:24Comments(4)廃止中国四国

2009年06月17日

居能報告

 おはようございます、朝二時に起きてじたばたしている奥野君です。でも仲間ってありがたいですね。無味乾燥な試験勉強の中で仲間からの情報。「キッチンさんから溶銑車が発売されるよ〜〜」。溶銑車というのは製鉄所で溶けた鉄を運ぶ貨車のことで、これが作れないばかりに製鉄所モジュールの制作が止まっていたという難物。それがキットとはいえ発売されるなんて。早速メールで注文を出しましたが、行けるかな?

 ということで居能報告。

●最終撮影日1993年8月22日

 ここも山口県は宇部市。今でも宇部岬は存在しますが、宇部周辺は専用線の宝庫でした。それも日曜日なのにあちこち動き回っていたパラダイスのような所。専用線の神様が付いていた(笑)奥野君。居能も行ったらすぐゲット出来てしまったのです。

 ここは化学工場の専用線でJR機がかなり奥に入って行きますが、
まだおおらかだった時代の事。
覗いていると係員さんがSWが出てくる所まで招き入れてくれて撮れた
ロッド式のSWです。新人さん研修なのか、年配の機関士さんが指導しながら入れ換えするのも興味ありましたです。ちなみに昔のSWの運転は大変だったようですが、今のは「君でもすぐできるよ〜〜」とある専用線の機関士さんにいわれるほど簡単になっているようです。

 この日は居能の次は宇部岬、そして美祢。最後は重安で締めましたが、これが日曜日だったのですから、いい時代だったものですね。まだ旧型国電が走っていた時代。居能の前に乗りに行った時会った鉄道ファンから「マニアですね〜〜」といわれたのもいい思い出です(笑)。

 ではでは、やっと一冊目が残り130ページ。先は長い・・  


Posted by 奥野君 at 06:03Comments(0)廃止中国四国

2009年06月16日

宇部港報告

 おはようございます、だんだん病気化している奥野君です。昨日は明けで逃亡して13時間〜〜 でも75ページしか進みませんでした。ハードだ・・

 ということで宇部港報告。

●最終撮影日 1993年8月22日

 ここも山口県は宇部港。

 あの頃はまだ鬼のように走り回っていた美祢行き貨物の始発駅。山口行きの一つの目的がここでした。宇部新川にお泊まりになった奥野君は、夜のうちに宇部港行きのバスの時刻を調べると、朝7時〜〜。という事でまた早起きとなってしまいました。
でもここはパラダイスでしたです。
あちこちに線路が張り巡らされ、
SWも神出鬼没。
今は美祢でたまにしか出てこない
ロッド式SWも走り回り、
何台あるのかすら把握する気力すらなくなるほど
うじゃうじゃしていて、
1時間ほどの滞在で
お腹いっぱいになりました。

 ではでは、まあここは有名ですが、次回は居能〜〜 あまり知られていなかった専用線です。  


Posted by 奥野君 at 06:16Comments(4)廃止中国四国

2009年06月15日

新南陽東線報告

 おはようございます、明けで逃亡してきた奥野君です。やはり当直はあまり進みませんね。8時間で80ページまとめただけ〜〜 でも暑いよ〜〜 もうすぐエアコンを取り替えてくれるので、またがんばれそうです。

 ということで新南陽東線報告。

●最終撮影日 1993年8月21日

 山口県は徳山駅のお隣は新南陽。とことこ歩いて行くと専用線が。
この専用線は、動く所はわずかにしか撮れないままいつの間にか廃線になってしまった所です。
ここは誰もいなかったのでいつ出てくるか分からず、そのままとことこ歩いて行くと、今度は西線が現れました。こちらは係員さんがいらっしゃったのでお伺いすると、「3時半頃かな?」。時間があったので、また東線へ。でも出てこず。西線の動く時刻になったので、お戻り〜〜。まあ元気だったですね。その日歩いた距離は10km以上でした。ちなみに西線は最近まで残っていたので、既にアップ済みですね。

 ではでは、7月真ん中に楽しみも出来そうだし、がんばるぞ〜〜  


Posted by 奥野君 at 10:22Comments(0)廃止中国四国

2009年06月14日

徳山報告

 おはようございます、昨日はアップをさぼった奥野君です。理由は・・試験勉強。金曜日はやる気がなくさっさと寝た奥野君。昨日朝4時に目覚めて始めたら・・やり始めたら止まらなくなる奥野君の性格。夜中2時まで頑張っちゃいました。模型製作なら途中でブログも作れるのですが、分野の違う勉強の合間にブログを作ると、頭が鉄道分野に行っちゃいそうで。これからもこんなさぼりが出るかもしれませんがお許しを。22時間頑張ったのに進んだのは200ページ読み進め80ページまとめただけ。えらいこっちゃ・・

 ということで徳山報告。

●最終撮影日 1993年8月21日

 ここも山口県の駅。この頃は貨物時刻表の丸印だけをたよりにウロウロしていたもので、駅を降りてどちらに行くかはその場の判断。到着前に石油基地が見えたのでそちらの方に行くと、電信柱に入れ換え時刻が。まさかねと思いながら待っていると。
JRの機関車が現れました。ちなみにここには中にSWもいましたが、
これは新幹線の中からしか見えませんでした。

 ではでは、今日は当直〜〜 明日は新南陽東線かな? でも動かなかった報告です。明日は大丈夫なはず。だって壊れたエアコンを取り替えに来てくれるので、勉強は中断せざるをえないもので。  


Posted by 奥野君 at 07:27Comments(2)廃止中国四国

2009年06月10日

大竹報告

 おはようございます、当直明けでお部屋のお片付けにじたばたしている奥野君です。何しろ8月末が資格試験なので。それも普段の仕事内容とはかなり違う分野。その上教科書1200ページ、参考書2000ページ、DVD10時間以上って、 2ヶ月で出来る量じゃないぞ・・

 ということで大竹報告。

●最終撮影日 1993年8月21日

 ここは山口県は岩国駅のお隣。ここにもSWが生息していました。

 私は駅からすぐの長い鉄橋で撮りましたが、

橋を渡ってからもかなり長い専用線があった事を知ったのは、ごく最近の事。
大阪からの夜行バスでほとんど寝れないまま着いた岩国。ヘロヘロでしたが、岩国と大竹の動く時刻はRM誌に載っていたもので気楽でした。岩国を撮って大竹へ。

 出発はヤードで撮影。朝10時過ぎに2カ所を撮って大満足だった奥野君。でもこの週末はとんでもない事になっちゃいました。大竹の次は徳山へ。

 ではでは、試験だというのに夜は夜行バスで府中へ。まああまり無理はしないつもりですが(ってこの予定自体が無茶苦茶だと祭りの友人にあきれられました〜〜(笑))。  


Posted by 奥野君 at 16:34Comments(4)廃止中国四国

2009年02月13日

新南陽西線報告

 おはようございます、明日は研修会でドロン出来ない奥野君です。胃潰瘍お仕事がらみなもので。

 ということで過去情報、新南陽西線報告。

●最終撮影日 2006年3月9日

 ここは山口県は徳山のお隣、山陽線にある化学工場の専用線です。

 ここは4軸ロッドという珍しいSWが

 名鉄特急のミュージックフォンを響かせて走って行くという何ともたまらない所でした。いつか動画をアップする時がくれば、真っ先に載せたい所ですね。

 当直明けで九州に行く時は必ずここに寄ってから九州入りしたものです。いまでは新南陽もなくなっちゃったので、代わりに美祢に寄りますが。いつもは駅近くの大きな道路を渡る所で撮りますが(ミュージックフォンはそこだけでしか鳴らさないみたいなので)、

 この日は久々に工場側まで行きました。

 もうちょっと行きたかったのですが、この年はセメント貨物壊滅の年。上司から受けろといわれていた試験の受験を遅らせたのも、セメント専用線の最後を見届ける為でした。まあ上司も「それじゃしゃあないな」。ありがたい上司ですね。4月受験を7月に延ばしましたが、ちゃんと通りました〜〜
 ということで、セメント輸送壊滅アップがしばらく続きますです。

 ではでは。今日も頑張らなくっちゃ・・  


Posted by 奥野君 at 07:10Comments(8)廃止中国四国

2008年12月14日

宇部岬情報

 おはようございます、昨日はブログの総元締め「いこら」さんの忘年会で楽しかった奥野君です。皆さん、ブログなんぞを立ち上げているだけあって元気ですね。おじいさんも元気をもらいました。ありがとうございますです。

 ということで、今日は紀州鉱山のつもりでしたが、宇部岬情報です。

 ●撮影日 2008年12月10日

 宇部岬、ここは工場内だけをそれも踏切からは奥の方でごそごそしているので、アップするのを控えてきたところです。脇道から入ってもモロ工場バックにしか撮れないし。でも今回「もしかして?」と覗きに行ったポイントでゲットできましたので、掲載可能になりました。

 宇部岬は、山口県は宇部市から宇部線で南へ数駅。宇部新川駅のお隣の宇部岬駅から南に延びる専用線ですが、工場まではJRが運びます。発駅は重安。そう、俗に赤ホキと呼ばれる石灰石貨車の到着駅です。宇部岬は新川駅からバスが頻発しているのでそっちの方が便利かな? JRの南側を走ってくれるので歩く距離も短くなるし。ちなみにここは毎日やっていますが(お正月だけはお休み?)、木曜日は貨車が短くなるので、今回紹介するポイントはやばいかもしれません。

 で、お写真はこれ〜〜 
フェンス越しですが1回か二回、専用線の方にずっと引き上げてくれるんです。積み卸しの終わった貨車を側線に入れる入れ換えですね。到着はJR機が大きな踏切を横切りますが、連れて行くのはSWが側線に入れた貨車をそのまま連結して連れて行く形です。

 時刻は13時15分頃でしたが、
毎日そうなのかは神のみぞ知る? 場所は大きな踏切から大きな交差点に戻り東に脇道を入った突き当たりです。SWは三菱B—A35トン機という、以前一世を風靡した最後の生き残りかな? 有名な所では清水の石油基地ですね。能町の市内電車とクロスするところにも一時期いました。

 ではでは、明日は紀州鉱山・・かな?  


Posted by 奥野君 at 09:54Comments(4)廃止中国四国

2008年11月09日

下関港報告

 こんばんは、アップおさぼりになってしまった奥野君です。昨日朝4時頃までごそごそしてたのがいけなかったのかな? お昼に起きて御飯を食べに行くとまた寝てしまい、さっき起きたところです。最近2日間連続モジュール制作というものが出来なくなっていますね。歳なのかな? 

 ということで、ストラクチャーアップは後日にして、でも通常モードに戻すのもしゃくなので、下関港報告です。もちろんこれは「過去情報」。これで予定しているカテゴリーすべてが出そろったことになります。

 ●1998年1月29日撮影

 下関港。ここは建物編でも紹介しましたが,多分日本で最後の鮮魚列車の始発駅でした。
といっても私が行った時は
コンテナが一台,
それも乗っているのは二つという有様でした。
それから程なく廃止されてしまったようですね。

 愛想のないアップでごめんなさい。これから何とか今日のおさぼりを取り返したいもので。

 ではでは。  


Posted by 奥野君 at 18:49Comments(2)廃止中国四国

2008年07月24日

重安情報

 おはようございます、日焼けの皮が剥け始めた奥野君です。
 でも歳ですね。今回は帰ってきてからも異常に元気だと思ったら、2日たって疲れが〜〜。昨日は御飯を食べると寝てしまいました。ということで朝のアップです。

 今日はメジャー情報、重安貨物。
 重安は、昨日アップした美祢の隣駅で、ここにも貨物がやってきます。でもスイッチャーはおらず、JRの機関車で入換えをするのでメジャー情報になります。

 7月17日、美祢の情報を得て、少し元気になった奥野君は重安を目指します。スイッチャー好きの私にとって重安はあまり魅力的な所ではなく、前に動いているのを撮ったのはもう10数年前になりますか。

 ただ、石灰石を積込むホッパーが何ともいえない味を出しています。

 草蒸した廃ホッパー。

 これは現在も使っているホッパー。でもシーンと静まり返っていました。前に来た時はガラガラと賑やかだったのに。実は貨物時刻表によると、ここに来る貨物はそうでないのですが、途中まで来る一本が木曜運休。もしかすると、また運休? あとの予定を考えると、貨物がくる時刻まで待っているとかなりきつくなる。
 ということで、運休と判断して厚狭行き列車に乗り込みました。

  と、美祢駅で貨物列車が〜〜。もちろん列車を飛び降り、タクシーで重安に舞い戻り。

 入換えを始めた貨物列車。

といっても、引き上げてホッパーに押し込み、切り離すだけ。積み込みは朝に行うそうです。ガラガラいってない訳だ。で、機関車は19時、単機で帰ってゆきました。でも満足〜〜 
 係員さんに聞いた所、ここは基本的に休みはないそうです。

 という事で、優雅に列車に乗り込みます。厚狭行きの列車は21時半までないので、長門市から山陰線経由で下関へ。南延岡に行く夜行列車の指定券を取ってなかったので、折尾まで行って無事坐れました。今回の旅行は三連休でもありましたが、やたら列車が混んでいました。ガソリン高騰のせいもあるのでしょうかね。ただこの旅程の最大の欠点、夕食は小倉駅の駅ラーメンでした(クスン)。

 で、なぜか重安の朝〜〜 7月21日、今回の旅行の最終日、また重安に舞い戻ったのです。朝の入換えを撮るために。機関車は9時18分にやってきました。

 昔はあちこちで見られた石灰石を積込む所を直に見る事ができるのも、もうここだけかな? 石灰石輸送自体が、あとは岩手開発鉄道と西農鉄道くらいですから。
 
 機関車は本線用の大きなのに替わってます。来る時は空荷ですが、行くのは石灰石満載なもので。

 これはおまけ画像。実はこの朝、ギャラリー(つまりは鉄ッちゃん)が多く、不思議だったのですが、原因はこれでした。私も一緒に行った友人も全く知らなかったので、その情報を教えてくれたファンはあきれていましたが(笑)。

 私は専用線に行くと、とたんに愛想が良くなり(いつもはどんなんだ?)、誰彼となくおしゃべりしています。この日も地元の方とも延々としゃべっていました。楽しい話を聞かせてくださったお父さん、ありがとうございます。

 今日は元気なので、鉄道に関係ない話も少し。重安に最初に行った7月17日は、51歳の誕生日。私にとって、51才というのは節目の歳でもあります。男性独身、喫煙者などなどは寿命を縮める要因で、平均年齢から引き算していくと、私の場合寿命は51歳になりました。つまりこれからは余生ですね。余生を楽しむぞ〜〜(ってこれってプラス思考なのかしら?)
 まあこの話を仲間にすると、「奥野さん、死ぬ訳ないじゃん。憎まれっ子世にはばかるって言葉知ってる??」。私は「美人薄命」と主張しているのですがね(笑)。

 ということで、はじめに戻り、今度は南延岡のアップです。ちなみにお出かけ予定のページに載せた画像、上二つはたいていのファンが知ってますが、一番下は専用線ファンしか知らないという南延岡のスイッチャーでした。

でも今日は当直、アップは明日ですね。  


Posted by 奥野君 at 05:07Comments(2)廃止中国四国