2018年05月09日

浪速報告

 こんばんは、今日は夏布団を洗ったものの午前中雨が降り出しそうでヒヤヒヤした奥野君です。 まあ午後から日差しが出てきれいに乾きましたが。

 ということで浪速報告。

●最終撮影日 1990年12月22日

 ここは大阪は環状線大正近くから伸びていた貨物線の終点。
昔はここから大阪港全体に専用鉄道が伸びていたのですが、私の行った頃は構内だけでした。
意外と最近まで残っていましたが、私が撮ったのはこの時だけ。
地元軽視の傾向はこの頃からあったのですね。

●追記
 2018年に1990年動画をアップしました( https://youtu.be/TTylWjCRZg0)。

 ではでは、明日は線路整備をしてジョイナーアダプターを付けたいですが、まだジョーシンに入荷しない・・  


2018年05月09日

明延体験坑道入坑

 こんばんは、今日も頑張ってた奥野君です。といっても配線処理をしながら走行テストをしていただけですが(笑)。なんとか使えそうになりましたが、3番線はやはり弱いですね。2番線の方がS字なのになぜだろう?

 ということで、明延体験坑道入坑

●撮影日 2018年5月6日

 ここは
前回も入りましたが、何度入ってもゾクゾクしますね。
トロッコ線路もそのままだし、
奥野君の大好きなシュート?も
鉱石が詰まったまま~~ ちなみにこれは、上から落とした鉱石をトロッコに積み込む施設です。いずれは鉱石の動く模型を作りたいもので、この仕組みを自動で動かす装置を考案中~~ でも篠原模型の線路がなくなる噂があるので、買い占めるかどうか検討中です。実際そこまで出来るか分かんないし・・ 
もちろんこんなのがゴロゴロ動くOナローゲージサイズ。
グランピー鉱車は体験坑道では近づけませんでしたが、これは稼働模型が道楽ボーズさんから発売されていて入手済みなもので(笑)。
こんなのも走らせたいですね。
まあここのクライマックスは構内立て坑の
実際の姿。今回は生野に行くともっと整備されちゃってましたけど、また現物を見ることが出来ましたです。
これはトロッコを使わなくなった時代の施設。なんでも最終は1600人の従業員を350人に減らしても出鉱量は増大したとか。それでも外国との価格競争に負けて閉山になったそうです。

 なお過去情報は、カテゴリー現役専用線リストの「保存鉄道イベント情報」(http://okunokun.ikora.tv/e1289695.html)でも検索できます。
 
 ではでは、今回はおまけの多い旅行だったので、まだまだ続きます(殴)。
  


Posted by 奥野君 at 18:28Comments(2)保存鉄道