2020年05月05日

名鉄河和線河和駅

 おはようございます、ほんと国民に要請ばかりで『アベノマスク』どころかPCR検査もする気のない政府に愛想が尽きた奥野君です。もう厚労省(感染研)OBへの忖度はやめて!!(過激?)。

 あいかわらず『内容のないボソボソ会見』でしたね。これなら奥野君の方が『演説力』が高い? 学生時代何百人かを前に5分ほど演説させられて、後で言われたのが『ヒットラーになれるよ』(驚)。ゼミにちっとも来ない奥野君担当の助教授もそれを聞いていて、『こいつは、これをやらしておこう』と思ってくれたそう(爆)。それに比べて・・(誰と比べてるんだ?(笑))。

 まあ『ぼそぼそ』なのは予測していましたが、『解除の具体的基準』すら明示しないでどこまで頑張らせるんでしょうね。『補償』だって20万件の申請があって現在500件って・・

 ということで、名鉄河和線河和駅

●撮影日 2019年4月6日

 ここも
昭和45年まで貨物扱いをしていたところ。
昭和18年配線図には名古屋側両側に貨物側線が記載されていましたが、
東側は痕跡がありませんね。でも西側は~~ 
農協の
側線だったのかな? 
海にすぐ近くの駅でしたが、N氏によると「武豊線があったからね、あまり需要はなかったかな?」だそうです。

 で、『今日のコロナちゃん』(殴)。今日の命題は解除基準の一つになりそうな実行再生産数。

 なんで実行再生産数が0.5や0.7になっているのに緊急事態宣言が継続されちゃうのか。実行再生産数は一人の患者さんが何人に移すかという係数なので、それが0.5というのはもう宣言は必要ないレベル。なのに・・
 その『からくり』を奥野君的に分析?してみます。一人の患者さんを見つけるのも移した患者さんを見つけるのもPCR検査。つまり新規患者さんを見つける検査枠が少なくなれば、新規患者さんを見つけられなくて実行再生産数が下がります。いまだにクラスター解析を主体に、それも濃厚接触者の範囲を広げて検査しているので、少々検査数が増えても新規患者さんを見つける枠がないから、実行再生産数が下がるのも当たり前なんです。というか、どこまでごまかすの?(怒)。

 PCR検査不足で陽性患者数、陽性率、再生産数が信頼できない状況。なのに『日本は特別』論が横行しちゃう日本。『専門家会議』でも『コロナ死亡者』が少ないって。ほんと困っちゃいますね。だって検査しなければ肺炎で死んでも『コロナ肺炎』とカウントされない。『肺炎、閾値』で検索すると出てきますが、各都市ベースラインを超える肺炎死亡者が出、東京は最近まで『閾値』すら超えちゃってる・・ 暖冬なのにね(怖)。

 で、これからの奥野君の方針。『コロナ避難者』が帰って2週間たったので、これから有田川など県内移動全開(笑)。そして~~『新しい行動様式』の中に、『感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える』。つまり『感染の流行していない地域から感染が流行していない地域への移動はOK?』。その下の『帰省や旅行はひかえ目に』は無視しよう(殴)。

 ではでは、まあ14日まで様子を見ますが、もう『よ~いドン』です。さあお出かけ計画~~(殴々)。アビガンも今月中(なんでアメリカの日本には回ってきそうにない生産数(80万人分)の薬が先に承認されてるんだ?)に承認するらしいし(まあいつもの口約束に過ぎないと思っています(泣))。  


Posted by 奥野君 at 06:20Comments(0)名鉄局貨物取扱駅