2015年02月16日

御殿場線下曽我駅

 こんばんは。お詫び連続アップの奥野君です。

 ということで、御殿場線下曽我駅 Sセメント0.4km、Tセメント0.1km、K砂利3.2km

●撮影日 2014年1月5日

 ここは
Tセメント現役時代に訪れた事のある専用線設置駅。
でも見事になくなっていました。
この辺がTセメントで、
施設跡はここかな? 
Sセメントも見事に・・ でもここはセメントの奥から有名な砂利線のあった駅なので、少し辿ってみました。
踏切から駅側、
砂利線側。
次の踏切から跡地に枕木が。
まあ水路をくぐってしばらく行くと舗装道路になっちゃっいました。
まあここからこの方に伸びていたのでしょうね。もちろん奥野君はここでおサボリです(殴)。

 ではでは。


同じカテゴリー(静鉄局貨物取扱駅)の記事画像
飯田線伊那松島駅
飯田線北殿駅
飯田線沢渡駅
飯田線伊那上郷駅
飯田線飯田駅
飯田線伊那八幡駅
同じカテゴリー(静鉄局貨物取扱駅)の記事
 飯田線伊那松島駅 (2017-04-19 22:08)
 飯田線北殿駅 (2017-04-19 00:14)
 飯田線沢渡駅 (2017-04-17 21:45)
 飯田線伊那上郷駅 (2017-04-16 20:03)
 飯田線飯田駅 (2017-04-15 22:45)
 飯田線伊那八幡駅 (2017-04-14 18:20)

この記事へのコメント
こんにちは。下曽我は小田原市唯一のセメント扱い駅でした。住友の方はかなり早い段階で廃止されており、列車を見たことはありませんが、秩父の方は90年代後半まで寄居から平日一往復が運転されてました。セメントのタキやホキの10両編成で、EF65の1000番台が牽いていました。貨物輸送廃止後もセメントストックは残され、スイッチャーもセメント施設の屋根のある部分に残されていましたが、数年前にセメント施設は更地化され住宅地になってしまい、その時側線もはがされてしまいました。一方、砂利線は現在道路になっていますが、酒匂川に向かいゆるやかにカーブしているので、かつて鉄道だったのだなという雰囲気はあります。途中国道255号線と交差する直前の用水をわたるところに橋桁がありましたが、2000年前後に道路整備で取り外されなくなってしまいました。橋桁の塗装表示に昭和53年とありました。もしかするとその頃まで線路はあったかもしれません。
Posted by タキ25000 at 2015年02月19日 21:30
 タキ25000 さん、こちらでもおはようございます~~
 下曽我は奥野君が初めて専用線目的旅行をした時に行ったところ。それっきりになってしまいましたが、なつかしかったです。
 そうなんだ、橋桁まで取り外されちゃう時代なのですね。早く全国を回らなくっちゃ(殴)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2015年02月20日 09:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。