2016年04月03日

京福電鉄楽間駅

 こんにちは、パタパタしている奥野君です。昨日結構がんばっちゃったので今週の旅行に行けちゃうことに~~ 四国で買ってしまった18切符。来週の土日までなので慌てないでもいいかなと思ってたら、土日は仲間のお車で引きずり回されることに~~ ということで使うなら月曜日から。でもこの辺は結構行き尽しているので今日の夜行バスで出ないと使いきれないことが判明。
 まあ計画は随時頭の中にある奧野君ですが、今回は久々に廃線跡下見旅行に特化してみました。18切符がいっぱい使えるのと5日間の廃線跡歩きは足がやばいかもしんないもので(軟弱者・・)。

 ということで、京福電鉄楽間駅 農業水利1.5km

 ●撮影日 2015年7月30日

 ここはなかなか難敵だったところ。昭和30年代には廃止されているし、1.5km周囲を探すのは大変~~ 
まあ駅はこの辺ですが、
なんか怪しげな隙間~~ 
たどっていくと
農業用水が~~ 
そして1.5kmくらい進んだところには
こんな農協施設が。
なかなか楽しい施設だったので、ここで決まり~~(殴)。

 ではでは、家の近くの桜が満開で人だらけですが、線路際でない桜は興味がないもので(笑)。でも今日の夜行バスで水戸~~ お帰りは来週の日曜日です(えらいこっちゃ(殴))。


同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事画像
北陸線柳瀬旧線
北陸線刀根駅
尾小屋鉄道 観音下駅
尾小屋鉄道 尾小屋駅跡
城端線城端駅
庄川軌道小牧線
同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事
 北陸線柳瀬旧線 (2016-05-28 20:15)
 北陸線刀根駅 (2016-05-27 19:53)
 尾小屋鉄道 観音下駅 (2016-05-26 16:20)
 尾小屋鉄道 尾小屋駅跡 (2016-05-25 17:00)
 城端線城端駅 (2016-05-23 22:15)
 庄川軌道小牧線 (2016-05-22 18:24)

この記事へのコメント
奥野さん、こんばんは~。
この専用線は「禁断の航空写真」にも全く出て来ないので謎の存在です。
但し一つ気になるものが。

昭和20年代に楽間駅より1.5㎞ほど東古市(現・永平寺口)寄り、永平寺線が九頭竜川を渡る鉄橋の直下に農水省の国営九頭竜川農業水利事業で鳴鹿大堰(1955(昭和30)年完成)が建設されています。
専用線はこの建設資材輸送のために工事期間だけ現場近くに敷かれた側線なのではないかと推測してます。
その方面で考えるともっと東古市寄りの大堰工事現場すぐそばに駅間分岐の専用側線をつくったのではないか?ということに。1.5kmの大部分は永平寺線本線の楽間~専用線分岐の距離という可能性が高そうです。

鳴鹿大堰に関する書籍は福井にかなりあるようなのでこれは図書館で工事誌調査でしょうかね(笑)
Posted by 西宮後 at 2016年04月03日 23:12
 西宮後さん、超遅くなりまして~~

 楽間駅~~ 難物ですね。実は西宮さんと今回の旅行でここも少し寄ったのですが、確証は得られませんでしたね。まあ奧野君的には西宮後さんの調査待ちかな?(殴)。よろしくお願いしま~~す。

 ではでは。
Posted by 奧野君 at 2016年04月12日 21:42
こちらでも今晩は~。
工事誌は専用線関係の農林省の部分が無く、無関係の建設省>国交省、福井県の治水関係は豊富でした。
京福電鉄のOBさんに少しお話を聞くことができたのですが「あんな所に専用線あったかな?」少なくとも楽間駅から直接出るヒゲ線は無かったとのことです。
因みにお話で「トロッコ軌道ならあったよ」と違うものが出てきちゃいました。しかも建設会社の名前を聞いたら加藤製作所の機関車リストで見た覚えのある社名~(爆)
完全にドツボですね。まあ楽しいドツボですが(笑)
Posted by 西宮後 at 2017年04月09日 17:47
 西宮後さん、こちらでもこんばんは~~
 やはりヒゲ線はなかったですか・・ 1.5kmなので他の駅起点なのかな? トロッコ軌道~~ 川岸に延びていたら面白いですね。お願いします~~(殴)。
 ではでは。
Posted by 奥野君奥野君 at 2017年04月10日 18:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。