2017年04月11日

飯田線平岡駅

 こんにちは、なんかサムサム奥野君です。もう四月半ばなんだけど・・体重はそんなに落ちてないはずだけど・・ 前回退職した時は持病コントロールを優先しすぎてサムサムに弱い奥野君になっていました・・

 ということで、飯田線平岡駅
       日通0.1km、Nセメント0.1km、Y林業0.1km、O製紙0.1km、中部電力0.3km

●撮影日 2017年3月5日
 
 ここは
専用線がいっぱい~~ 
まあ大きめな駅なので航空写真である程度は~~ 
日通は駅舎になっていますね。
この引き込み線から続いていたのかな? 
その向こうにはセメントタンクが映っていました。
今は右の保線設備ですね。
 で、林業は・・ 「この上にあったね~~」。お父さん、ありがとうございます~~ 保安設備の先になんとか見えました(笑)。
O製紙は反対のここですね。怪しいホームです。電力はさすがに分かりませんが、
対岸のこれは関係しているのかな?(爆)。

 ではでは、朝はまあまあ起きてますが、少し生活パターンが不安定なので戻さなきゃ・・


同じカテゴリー(静鉄局貨物取扱駅)の記事画像
飯田線西豊川駅
東海道線豊橋駅2
東海道線西浜松駅
東海道線浜松駅
遠州鉄道遠州浜松駅
飯田線伊那松島駅
同じカテゴリー(静鉄局貨物取扱駅)の記事
 飯田線西豊川駅 (2017-07-18 19:56)
 東海道線豊橋駅2 (2017-05-15 20:25)
 東海道線西浜松駅 (2017-05-14 14:01)
 東海道線浜松駅 (2017-05-13 17:19)
 遠州鉄道遠州浜松駅 (2017-05-12 21:42)
 飯田線伊那松島駅 (2017-04-19 22:08)

この記事へのコメント
奥野さん、こんばんは~。
知人で昭和30年代に飯田線で平岡の学校へ通っていたという人がいましたが当時は平岡駅前の商店街が周辺で唯一の「街」だったとのことでした。
専用線のことは全く意識の外で鉄道に関しては電車を逃すと駅で数時間待ちぼうけ・・・と言う話だけでした。その点は今とあまり変わらないようで。
電力専用線は平岡駅から見て上流に平岡ダム、下流に平岡発電所(一番下の写真)があり、矢作水力が1939(昭和14)年着工~戦時中に工事中断~戦後再開して1952(昭和27)年竣工だそうで専用線一覧でも1953(昭和28)年版を最後に姿を消してますね。
時節柄完成まで13年を擁し会社も矢作水力→日本発送電→中部電力と移り変わってます。
専用線は飯田線になる前の三信鉄道時代からあったのでしょう。
駅からダムサイトまでの輸送手段はやはり索道でしょうかね。
Posted by 西宮後 at 2017年04月11日 22:57
 西宮後さん、今日もこんばんは~~
 ここは駅舎も町も大きそうでしたが、そうなのですね。駅も無理やり盛り上げたのかな? 300mですが、なかなかスペースなさそう。まあ駅舎がやたらでかいので、これを取っ払ったら~~(殴)。
 ダムは向かい側だからインクラインは無理だし、戦争前後にトラック輸送は難しいでしょうから、索道しかないですね。
 ではでは。
Posted by 奥野君奥野君 at 2017年04月12日 19:46
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。