2017年10月03日

篠ノ井線南松本駅2

 おはようございます、ネムネム奥野君です。また変な夢攻撃にあってしまった。今日のお昼から入院ですが、入院中はしっかり寝よう(笑)。

 ということで、篠ノ井線南松本駅2
            N製粉0.4km*3、A産業0.1km、T屋0.2km*2

●撮影日 2016年9月1日

 まだ
JRとの受け渡し場所だった分岐部の線路(と言っても、早朝ここにホキ君たちがほったらかしにされていたのをSWが取りに来た)も
駅前の線路も健在でした。早朝6時前からウロウロしちゃった南松本。だからでしょうか?? 
工場公開もしているところなので、どこまでが敷地かよくわかんない・・まあ立ち入り禁止表示のところは入ってませんが、トラックの運転手さんに挨拶したり〈殴〉。

で、地図にもあるように3企業とも盛業中。
T屋はこんなかんじ。
N製粉はこれですね。
でもどこを走ってたのやら分かんないので現役時代の写真と比べられません・・ A産業はかなり奥の感じなのでお外から。
なんか怪しい倉庫も発見しましたです。

 ではでは、今からPCも片付けて~~


同じカテゴリー(長野局貨物取扱駅)の記事画像
篠ノ井線村井駅
大糸線豊科駅
篠ノ井線安積駅
篠ノ井線坂北駅
篠ノ井線西条駅
篠ノ井線松本駅
同じカテゴリー(長野局貨物取扱駅)の記事
 篠ノ井線村井駅 (2017-10-12 18:00)
 大糸線豊科駅 (2017-10-10 12:00)
 篠ノ井線安積駅 (2017-10-09 12:00)
 篠ノ井線坂北駅 (2017-10-08 12:00)
 篠ノ井線西条駅 (2017-10-07 12:00)
 篠ノ井線松本駅 (2017-10-06 12:00)

この記事へのコメント
奥野さん、凄いですね~。その体力というか気力というか・・・「強い」お方だ(笑)。見習わなくちゃ~。で、N製粉。私が訪問した時には既に専用線は使用されておらず、トホホホホホ~でしたが、辛うじて動車は残っておりました。私の頼りにならない遠い記憶で恐縮ですが、5枚目の「N製粉はこれですね」の写真で、奥に入っていく左の通路そのものが線路です。その通路の左右に写っている両側の倉庫とツライチで動車が放置されていました。もう動かないとはいえ、まるで倉庫の間から動車が出場してきたように見え、なかなかの光景でしたよ(笑)。ちなみに「これですね」写真を撮影した奥野さんのまさに立ち位置で線路が分かれ、右に見える雨よけのような屋根の方向に向かって更に奥にも線路が伸びていました。通りかかったトラックの運転手さんによると、「奥にはセメント貨車が出入りしていた」というブっ飛び情報もありました。興味深いですね~。
Posted by 遠い記憶ワンマンカー at 2017年10月12日 21:01
 遠い記憶ワンマンカーさん、こんばんは~~
 場所を特定できるカキコ、ありがとうございます~~ というか、すごいプレッシャーになってます・・ だって昨日編集していたのはまさに南松本。もちろん現役時代です~~
 カキコにあったセメント貨車。出荷の小麦ホキ君にセメントホキ君がくっついてた・・ これは早めにアップしないと殺されます・・ 村井と南松本小麦は早めにアップしますが、動画毎日アップを目指して作りだめているもので(汗)。
 ではでは~~
Posted by 奥野君 at 2017年10月13日 23:16
小麦線のセメント貨車のお話ですが、この時のトラック運転手さんのお話は「ここは小麦、アブラ、ミソと・・・あぁセメント貨車も出入りしてたなぁ」って具合でした。「アブラ」は燃料系として納得できますが、やはり「セメント」は気になりますね~。なお、先日はN製粉の写真に特化して「奥や右に線路が・・・」と書き込みしましたが、画像では全く写っていない左方向にも線路があり、さらに奥で分岐していた記憶があります。セメントは入換の都合で小麦方面に連れ込まれ、すぐに目的地の専用線(A産業??)に移されていたとも考えられますね。どんなもんでしょ(笑)。
Posted by 追伸ワンマンカー at 2017年10月16日 13:33
 追伸ワンマンカーさん、こんばんは~~
 推測はたぶん当たっていると思います。ユーチューブにアップした映像では、セメント貨車はN製粉線で連結されていましたので。
 ちなみに最初に分かれるT味噌線は奥野君の時代でも枕木で車止めされ草ぼうぼうのやつです。N?線はN製粉に入る直前に左に分かれる切れた分岐かな? で、問題のA産業は建物の中にトンネルのように入っている線路だと思われます(懐かしい駅の風景様線路配置図より)。現役線のようでしたのでたぶん~~
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2017年10月16日 20:20
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。