2018年01月04日

東京地下鉄馬込車庫公開情報

 こんばんは、今日はとうとうシュレッダーを買ってしまった奥野君です。親父があの世に行ったとき大量発生した個人情報満載の印刷物をほったらかしにしていたら、また母親あの世行きで大量発生しているもので。まあ終活の一環ですね(笑)。まだ60年死なないですが(爆)。

 ということで、東京地下鉄馬込車庫公開情報

●撮影日 2017年12月9日

 この旅行のきっかけは、社長さんに
ここの公開に誘われたから~~ 
まあ皆様の目的はこれかな? でも奥野君は~~ 保線車も好きですね。
特にこの子は3ゲージ対応フリーゲージトレインです~~ 
こんなのもあるし、
フォークリフトタイプの軌陸車って・・ 
アントもいましたが、
今回の目的はこの子と
この子~~ イベント終了時に入れ換えに動くことが多いんです。といっても何とかという電車が来たから動くよとか・・(社長さんに頼りっきりなもので(殴))。

 ではでは、今日は平日なのであれですね。


同じカテゴリー(イベント情報)の記事画像
東京地下鉄馬込車庫公開後情報
『西武・電車フェスタ2017in武蔵丘車両検修場』
高知「藁工ミュージアム」情報
横瀬SW情報
横瀬イベント情報
足尾公開情報
同じカテゴリー(イベント情報)の記事
 東京地下鉄馬込車庫公開後情報 (2018-01-05 21:08)
 『西武・電車フェスタ2017in武蔵丘車両検修場』 (2017-05-29 14:12)
 高知「藁工ミュージアム」情報 (2016-12-10 11:14)
 横瀬SW情報 (2016-11-08 21:59)
 横瀬イベント情報 (2016-11-07 20:29)
 足尾公開情報 (2016-10-24 23:01)

この記事へのコメント
奥野さんこんにちは
先月の馬込ご一緒できて楽しかったです。
フリーゲージトレイン君は、都営浅草線の1435mm、新宿線の1372mm、三田線の1067mm全てに対応した電気検測車で、三路線のラインカラーが車体に描かれております。パンタは検測用で動力はディーゼルエンジンです(1軸駆動)。つくばエクスプレスの総合基地と横浜市営地下鉄新羽車両基地にも同一車体の仲間がいますが、横浜市営地下鉄は第三軌条方式のため、新羽のはパンタは未装備で代わりに検測用のシューが付いています。どちらも車両基地公開時に撮れます。
馬込の公開は三田線志村車両基地と交互開催のため隔年ですが、イベント終了後にバテロコで入換するのは、大江戸線用車両が展示されているときだけです。大江戸線は断面が小さく架線高さが低いため、大江戸線の車両は、浅草線の車両工場である馬込の架線は高くて届きません。ですので自走できずバテロコ入換となります。写真2枚目で大江戸線がいる線路は、本来浅草線(及び乗り入れ各社)車両の留置線のため、イベント終了後に大江戸線車両の試運転線(一本右のE5000型電気機関車がいる線路)か、または工場線に入換します。イベント時に大江戸線車両がいないか、いても最初から試運転線にいる場合は、入換もありません。
Posted by 社長 at 2018年01月05日 15:21
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。