2008年07月12日

三岐鉄道情報

 こんばんは、奥野君です。今回は三岐鉄道情報。7月6日は大江に行って、四日市港の7時の便を撮って、あとは三岐鉄道で遊んでいました。
 昔は多くの私鉄でも貨車が走っていたのですが、現在では三岐鉄道と秩父鉄道、そして岳南鉄道だけになってしまいました。ここは近鉄富田駅から藤原岳に向かって延びる私鉄で、登山客も利用します.


 これは三岐鉄道から運ばれてきたセメント貨車。


 富田駅でJRの機関車に引き継がれます。ちなみにこの2枚、は土曜日四日市港の入れ換えの合間に覗きに行きました。

 今日はポッカリ空いてしまった休日なので、ちょっと三岐貨物の説明をば。三岐鉄道には現在3種類の貨物列車が走っています。
 一つは先週アップした四日市港に行くセメント列車。


 セメント列車は最大6往復と、昔も今も最大勢力です。


 これは、タンカル−フライアッシュ輸送。詳しくは南野さんのHPに載っていますが、従来の貨物輸送では起こりがちだった帰りの便が空っぽという弊害をなくすために登場した貨車で、行きと帰りで違う物質を積載しています。終点は衣浦臨海鉄道碧南市駅です。


 ここも、有名撮影地、大安鉄橋ですが、夏は草が生えまくってなかなか絵になりません。


 そして最後が、骨材輸送。骨材というものがなんなのかよくわかりませんが、見た目は中部国際空港建設輸送で三岐鉄道を走り回った土砂ですね。行き先はセメントと同じ四日市港ですが、これはあまり走りません。なのに撮影出来たのが今回の収穫でした。


 これは東藤原駅の踏切に掲示してある入換時刻表。この中の14時のセメント線の入れ換え(なぜか重単が入って出てきただけ)の後に、月曜運転の骨材輸送の貨車の入換えをするようなのです。


 三岐鉄道の貨物列車はすべて東藤原起点です。ひどい写真ですが、右端がセメント貨物の側線。西藤原への本線と、2本の引き上げ線を挟んで、白い左端っこがタンカル−フライアッシュ輸送の側線。そして左端の半分切れてるのが骨材輸送の側線です。

 骨材輸送の貨車は積込み設備の長さの関係からか、14時過ぎに14両を引き出し、7両ずつに分けて前後を入換え、また繋いで押し込むという作業と、入換え好きの私にはたまらない風景が続きました。でも写真がないんですね。なぜないかという理由は後日・・・

 このあとの予定は、西藤原に寄って、先週の日曜日夕方に走ったという東港の機関車を狙いに。でもさすがにそれはなりませんでした。西藤原で遊びすぎたのもありますが、桑名で大渋滞に巻き込まれ(北勢線頑張れ〜〜)、とても東港には間に合いそうになくなったので、桑名から帰ってしまいました。 昔なら根性で行ったと思うと、やはり歳ですね。まあ、二日間の走行距離は700kmを超えていましたが。

 という事で、今日のアップはおしまいです。明日は貨物鉄道博物館と西藤原の保存車のアップ。私と三岐鉄道の出会いのなれそめなぞを・・ たまにはこんな記事もいいかな?と・・
(7月13日修正)


同じカテゴリー(貨物私鉄、車庫等)の記事画像
紀州鉄道グラフィティ
東急田園都市線梶が谷駅
秩父鉄道グラフィティ
大宮工場外れ情報
大宮工場外れ情報
名古屋鉄道大江保線区情報
同じカテゴリー(貨物私鉄、車庫等)の記事
 紀州鉄道グラフィティ (2018-10-05 23:28)
 東急田園都市線梶が谷駅 (2018-08-15 06:08)
 南海保線作業 (2018-06-14 21:17)
 秩父鉄道グラフィティ (2018-04-15 19:55)
 大宮工場外れ情報 (2018-01-26 14:47)
 大宮工場外れ情報 (2018-01-25 17:19)

この記事へのコメント
あっ!!奥野君様、富田に来ていたのですかぁ~。(笑)
一昨日、富田に用事があり行ってきましたぁ~。
奥野君様の影響で、貨物列車の写真を撮りましたぁ~。
ただ、古い携帯なので、ぶれてしまいUPできませんでしたが、
DD51が2台連結で走っている姿です。
感動しましたぁ~。
奥野君様の影響で、見るものの視点が増えました。感謝!!(笑)
Posted by amicusamicus at 2008年07月12日 22:31
 やはりうらやましい〜〜 和歌山で貨物を撮ろうと思ったら、魚釣り公園の中に入って、3kn歩いて、それでも怒られるかな? だってそこは住友金属の中なんですから・・ 
 視点が増えるのは頭が柔らかい証拠ですね。小生なんて凝り固まっちゃって(笑)。貴ブログにも初カキコしましたが、ろくなもんじゃありませんです。
 でもこれ以上趣味を増やしたら多分死にます。今日は今まで載せてこなかった趣味も載せたいなと思ってます〜〜そのためには頑張らなくっちゃ(謎)。
Posted by 奥野君奥野君 at 2008年07月13日 05:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。