2019年06月10日

鹿児島支線外浜駅6

 こんばんは、昨日はまたブログをさぼってしまった(殴)奥野君です。別作業でパソコンを1時間使ったのでお休みしてしまった・・
 で、今日は朝から眼科医さんに行って、電車に乗ると旧知の方とお会いしたのでその実家でおしゃべり。旧職場に行って退職届を出して(でも正式な受理は先だそう・・ややこしいですね)、お買い物をして帰ってきたらバタンキュー まあ7時間お目目を開けていたのは手術以来初めてだから仕方ないですね。

 ということで、鹿児島支線外浜駅6 O化学工業0.3km、北九州港理組合3.4km

●撮影日 2017年6月17日

追記
 ここが門司埠頭駅だと思っていたのですが、違ったようで訂正しました。すみません・・

 この辺では最後まで残ったセメント専用線。鹿児島支線外浜駅6
奥野君は最後の頃にも、仲間と発駅とともにここに来ました。鹿児島支線外浜駅6
終点あたりにあった市営倉庫。
鹿児島支線外浜駅6
ヤードは草生していたものの線路がありましたし、倉庫前にも~~ 鹿児島支線外浜駅6
でもセメント施設に行く線路は埋められていましたし、鹿児島支線外浜駅6
施設も廃墟チックですね。

 ではでは、奥野君の後任対策は進んでいるのかな? 奥野君のお目目が爆発したことがいい方向になればいいな。ちなみにお目目さんは眼科医さんに言わせると『意外なほど治る方向』だそう。奥野君の免疫、頑張れ~~(笑)。


同じカテゴリー(門司局貨物取扱駅)の記事画像
鹿児島支線外浜駅5
鹿児島支線外浜駅4
鹿児島線外浜貨物駅3
鹿児島線外浜貨物駅2
鹿児島線外浜貨物駅1
同じカテゴリー(門司局貨物取扱駅)の記事
 鹿児島支線外浜駅5 (2019-06-08 18:46)
 鹿児島支線外浜駅4 (2019-05-28 07:27)
 鹿児島線外浜貨物駅3 (2019-05-27 05:42)
 鹿児島線外浜貨物駅2 (2019-05-24 07:09)
 鹿児島線外浜貨物駅1 (2019-05-23 19:00)

この記事へのコメント
どもども〜。お久しぶりです。「頑張れ奥野君」改め、「ご無理の無き様、奥野君。」です。これ以上、奥野さんに頑張らせるわけには参りませんので、改名致しました。(暫定?→もし次回コメントした時に忘れていたら、すみません…。)
さてさて…、お見舞いが遅くなってしまい、誠に申し訳ございませんでした。お加減大丈夫でしょうか。
当方相変わらず仕事ばかりで、気力もありませんので、どうかお許しを〜〜。
テツも最近はお休み状態で、冬に買いました初ジンバルも未だに絶賛放置プレイ中で、ダメダメです〜〜。
奥野さんも、どうか、ご無理の無き様、ご自愛下さいます様、お願い申し上げます。ぼちぼち行きましょう。
でわでわ〜。

〈追記〉奥野さ〜ん、本稿の場所は、「門司埠頭駅」ではなく、前稿と同じく「外浜駅」ですヨ〜。「外浜駅」接続の田野浦公共臨港線の田野浦地区(田野浦海岸・田野浦埠頭)となります。
ちなみに、「門司埠頭駅」は、「葛葉駅」から分岐しておりました貨物支線の終着駅で、Wikipediaによりますと、昭和57年11月15日に廃止されたとのことです。
従いまして、本稿の専用線は、Nセメントではなく、昭和58年の専用線一覧表で言いますと、北九州市(田ノ浦公共臨港線)、および小野田化学工業・三井鉱山(作業キロ0.3㎞)が、妥当ではなかろうかと思われます。あ、イニシャルにするの忘れたけど、ま、いっか。
本稿の田野浦地区は、私も現役時代末期、奥野さん同様、セメント発駅の「金田駅」専用線とともに訪れましたが、こんなに変わってしまいましたか〜。やはり、寂しいですねぇ〜。しかし、懐かしい風景、ありがとうございました。
関門海峡、また行きたくなりました。(関門好きの高杉晋作好きですので。)
Posted by ご無理の無き様、奥野君。 at 2019年06月11日 03:48
 「ご無理の無き様」さん、こんばんは~~

 お気遣いありがとうございます~~ まあまた趣味に頑張る日が来ると思いますので、お気になさらず(殴)。
 お仕事大変ですね。ほんと年齢を重ねてくるとあり得ない事態が起こりますのでお気をつけてくださいませ。

 で、訂正、ありがとうございます。そうなんだ。この辺はややこしいもので、勘違いしていたようで、訂正しておきました。またいつか門司小倉をウロウロするんだろうな。門司港のレンタサイクルで一日ウロウロできる日を夢見つつ~~
 関門好きって・・ブラタモリで『ほう?』と思っただけの奥野君でした(笑)。

 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2019年06月11日 18:32
こちらこそお気遣い戴きまして、誠にありがとうございました。奥野さんの仰る通り、歳を重ねますと、今までには無かった様な症状が出て来て、自分でも驚く様なことが多々ありますので、私もまだまだ気をつけます〜〜。
奥野さんの門司界隈レンタサイクル訪問、いつか楽しみにしておきます。奥野さんは無理をしてしまう所があると思いますので、決してご無理の無き様にお願い申し上げます。
門司港界隈〜小倉界隈や上戸畑(信)辺りの専用線や路線は、ややこしくて面白いですよね。未だに何だか良く分からない所もたくさんありますし。
「門司埠頭駅」は、「門司港駅」から見ますと、西側すぐの西海岸地区にあったかと思います。従いまして、「外浜駅」とは、逆方向です。
今回、これを機会に、この付近の空中写真を初めて見たのですが、長年分からないまま放置しておりました「葛葉駅」のNセメント門司工場専用線の位置が分かり、「へえ〜」と思った次第でした。いや〜、ありがとうございました。
と同時に、「門司埠頭駅」のNセメント門司工場専用線や北九州市線らしきものも、初めて知りました。こんな至近距離で、同じNセメント門司工場専用線が別々の場所にありますのは、船積用・工場用等、用途が別々だったからなのかな?
その「門司埠頭駅」Nセメント門司工場専用線も、駅廃止後の昭和58年専用線一覧表を見てみますと、北九州市線(五岸線)とともに「葛葉駅」の欄に移管されておりますので、「葛葉駅」扱いに変更されたのだ思われます。
こちらの移管されたNセメント門司工場専用線の入換機のみ、「国鉄機・手押」から「国鉄機・私有動車」へと切り替わっておりますので、この頃に、もと「青海駅」日本石灰石開発のスイッチャーDD35-2が移って来たのだろうな〜ということが想像出来ます。
いや〜、奥野さんのおかげで、色々と発見することが出来、面白かったです。ありがとうございました。奥野さんの興味の範囲外かも知れませんが、どうかお許しを〜〜。長くてすみませんでした。
でわまた〜。
Posted by ご無理の無き様、奥野君。 at 2019年06月13日 01:08
  ご無理の無き様、奥野君さん、こんばんは~~
 ははは、やはり性格を見抜かれていますね~~(笑)。北九州市線~~ ほんとこの辺は専用線は専用軌道などごちゃごちゃしていてゾクゾクしますが、グーグルさんを見るとがっかり・・ でも行くぞ~~ まあ東京都港湾局よりはましでしょうから(爆)。
 なんと青海のが移籍したのですか? 沖田さんCDを見ると、またえらいことになるので封印中です(殴)。
 いえいえ、こちらこそよろしくお願いいたします。奥野君はとりあえず全国を網羅するするつもりなので、報告の正確さを期してると終わんなくなっちゃうので、ご指摘お願いいたします。
Posted by 奥野君 at 2019年06月13日 16:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。