2019年07月31日

正雀保線車情報

 こんばんは、お詫びアップの奥野君です。昨日はアップもせずに3時半までガサゴソしちゃったもので、今日は休憩~~ なんか隔日にジタバタしていますね。

 ということで、正雀保線車情報

●撮影日 2019年7月25日

 奥野君にとっては、バテロコも保線車もメインターゲットではありませんが、まあ動くのを見れると楽しいですね。正雀保線車情報
昼前に来ると、この子がいつもの場所に鎮座していましたが、バテロコの動いた直後に~~(13:56)。正雀保線車情報
地元のファンの方のお話では、この子は駅側隅のここにいつもいるそうです。で、2台目のバテロコが動くのを待っていると~~正雀保線車情報
 14:00にこの子が~~ 正雀保線車情報
後ろにつながったこの子も好ましいですね。正雀保線車情報
ちなみにこの子がここの主だそうです。

 ではでは、明日は一人で有田川トム君塗装作業に行くつもり。ついでに『清乃』のラーメンを食べに行こうかな? 炎天下なので無理をせず、2~3日かけて床下を塗るペースで。寸法を測って『西宮後さん』に報告しなきゃ(笑)。


同じカテゴリー(私鉄、車庫等)の記事画像
正雀バテロコ情報
大滝鍾乳洞情報
東藤原情報2
三岐鉄道東藤原情報1
三岐鉄道保々など情報
上信乗り歩き
同じカテゴリー(私鉄、車庫等)の記事
 正雀バテロコ情報 (2019-07-31 21:38)
 大滝鍾乳洞情報 (2019-04-28 07:37)
 東藤原情報2 (2019-02-18 07:39)
 三岐鉄道東藤原情報1 (2019-02-16 20:29)
 三岐鉄道保々など情報 (2019-02-14 06:49)
 上信乗り歩き (2018-12-29 18:32)

この記事へのコメント
ご報告ありがとうございました。
お陰様で昼休みにアヤシゲ調査をして楽しめました(爆)
報告いただいた寸法からすると書類通り元・国鉄トム5000形のようですね。
軸距、内径寸法がほぼ一致しました。
元の姿では観音開き扉な上にアオリ戸の下半分だけが開閉可能で上半分は固定・・・という面倒なつくりだったので彦根でアオリ戸を全開きに改造したものと思われます。
元の姿は石炭、砂利輸送には良かったものの木材、鉄材積み降ろしには全く向かず貯木場側線に入って来たときは積降ろし作業の人が舌打ちしたとかしないとか・・・(^ ^;)
Posted by 西宮後 at 2019年08月01日 22:15
 西宮後さん、こんばんは~~
 あらあら、今日も調査、ありがとうございます~~ なかなかおちゃめな貨車ですね。『松葉スポーク』もその時期のものなのかな? 年代の刻印はありませんが、なんか書いて(殴)ありますです。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2019年08月03日 22:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。