2008年08月02日

中竜鉱山情報

そういえば、やっとブログ開設1周年ならぬ1周月(こんな言葉あるんかい??)の奥野君です。

 で、また新しいカテゴリー、保存鉄道です。動いているのが好きな奥野君としては、三井三池のような動かない保存は項を立てる気にはなりませんが、ここのように特別な日だけでも動いている所は、詳しく報告したくなります。

 朝3時半に起きて、4時過ぎにゴー。東海北陸道を通って越美北線九頭竜湖駅へ。

 高校生の頃好きだった8620型蒸気機関車を撮影して、中竜鉱山に9時頃に着きました。

 でもなんにもない〜〜 ここは昔「中竜アドベンチャーワールド」といって、坑道内にバスで連れて行ってくれたのですが、

 その鉱口があるだけ。


回りには製錬所の跡が。

 少し手前には鉱山資料館、でもやってなさそう。

 そうなんです。いい加減な奥野君は、本をちら見しただけで来てしまったもので。


 走ってる会場は国民休暇村でした〜〜


ちなみにバテロコとは、バッテリーで動く機関車の事で、坑道内の換気の悪い所でよく使われた機関車です。

 それが復元され、何両かの客車を挟んでプッシュブルでひっきりなしに動いていました。距離は100mほどですが、撮影したり乗ったり、久々に遊園地気分を楽しみました。

 このイベントはこの地方全体で行われていて、バテロコ運転以外にも楽しませてくれました。

 これは九頭竜ダム。その麓の発電所。

 そうなんです。発電所の中も公開していて、

 これは巨大な発電機。今は止まっていますが要請があれば5分で発電出来るそうです。

 その下側も。

 これは他にも楽しめるかもしれないと思い、ダムの上に行くと、

 また立ち入り禁止の入り口が開いていた〜〜、

 これは満水時に放流するゲートを操作する所。

 そのゲート。

 下は200m〜〜 こわっ!!

 でもこの楽しかったイベントも天候の急変で大変だったようです。奥野君は雨が降りそうになったので昼過ぎに引き上げましたが、

 それでも途中の雨のすごい事。
 まあ、平野に出ると快晴で、名古屋臨海と四日市に行ったのは既報ですね。

 帰りは花火見物〜〜ではなくて、吉野で花火渋滞に引っかかってえらい目に遭いました(笑)。

 ということで、日曜日一日でも結構楽しめた日でした。車の走行距離は700km近かったですが。

 今度は、延び延びになっていた「三岐鉄道や仲間とのなれそめ」でもアップしようかな? コンピュータ、ちゃんと動けよ(謎)。


同じカテゴリー(イベント情報)の記事画像
君津製鉄所公開情報
三岐鉄道701イベントJR富田 機関車体験
三岐701イベント治田保々貨物本線車庫撮影会
三岐701イベント近鉄富田~東藤原
大井川鉄道カトー君編
大井川鉄道井川線編
同じカテゴリー(イベント情報)の記事
 君津製鉄所公開情報 (2018-08-14 18:00)
 三岐鉄道701イベントJR富田 機関車体験 (2018-08-01 13:45)
 三岐701イベント治田保々貨物本線車庫撮影会 (2018-07-29 19:53)
 三岐701イベント近鉄富田~東藤原 (2018-07-28 22:15)
 大井川鉄道カトー君編 (2018-07-27 20:33)
 大井川鉄道井川線編 (2018-07-22 22:10)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。