2020年07月29日

西武鉄道東久留米駅1

 こんばんは、持病がヤバいけど、なんとか数値大台を回避しつつある奥野君です。この1週間のジタバタ(なにした?(笑))とお天気になってきたので今日も自転車10km~~ なんとか120歳まで(殴)。

 ということで、西武鉄道東久留米駅1 N飛行機2.8km

●撮影日 2019年5月1日

 ここは西武鉄道東久留米駅1
戦後すぐ廃線になったので奥野君の守備範囲ではありませんが(笑)、西武鉄道東久留米駅1
記事を見てしまったもので。駅から南東側に伸びていた専用線。西武鉄道東久留米駅1
入口は斜めのお家でしたが、西武鉄道東久留米駅1
すぐ送電線敷地に。西武鉄道東久留米駅1
土手は残っていましたが、橋台はありませんでした。西武鉄道東久留米駅1
その先は、送電線敷地が遊歩道になっていました。西武鉄道東久留米駅1
その地図まで~~ で、この先は次回(殴)。

 ではでは、とりあえず『今日のコロナちゃん』復活~~(殴)。

 やっとPCRを含めた検査を大幅に増やすことに異論はなくなってきましたが、でも外国のように増えない・・ まあその中には『医系技官』の妨害もあるようですが、マスコミが見落としていることが一つあります。
 なんでもニューヨーク州は収まってきた現在でも一日6万件。陽性率1%で感染者数600人。最盛期は感染者1万人を超えていたそう。でもこれって・・

 そうなんです。感染初期には『クラスター潰し』は有効でしょう。何しろ検査体制が整っていないのですから、いかに効率的に。名古屋では陽性率が50%越えという効率の良さ(泣)。でもそれでは感染は止まりません。東京の何百名の感染者の多くが『経路不明』なのは、ここまで来ると『経路を追跡』すること自体が不可能になるのです。それに代わっての大量検査。どこで感染したのかは無視して、片っ端から検査して『隔離』。そのためには『クラスター潰し』なんてことはやっている暇がないのです。

 保健所が悪者になってますが、今のままでは保健所職員にしてみれば『検査を飛躍的に増やす』と『何十倍もの経路追跡』をさせられちゃう・・ なぜそこにマスコミは気づかないのか? 『マスコミの頭の悪さ』も日本のコロナ対策をごちゃごちゃにしている要因だと考えます(キリッ!!)。

でもこの原稿を昨夜書いたら、今朝のモーニングショーで一瞬だけそうコメントしてました。さすが!(ヤフコメには昨日書いたから奥野君が先~~(殴))。


同じカテゴリー(関東私鉄(東武西武))の記事画像
西武鉄道新小金井駅
西武鉄道多摩(多摩墓地前)駅
西武鉄道多摩(多摩墓地前)駅
西武鉄道小川駅
西武鉄道新所沢駅2
西武鉄道新所沢駅1
同じカテゴリー(関東私鉄(東武西武))の記事
 西武鉄道新小金井駅 (2020-08-05 21:13)
 西武鉄道多摩(多摩墓地前)駅 (2020-08-04 23:15)
 西武鉄道多摩(多摩墓地前)駅 (2020-08-03 20:49)
 西武鉄道小川駅 (2020-08-02 23:21)
 西武鉄道新所沢駅2 (2020-08-01 21:37)
 西武鉄道新所沢駅1 (2020-07-31 19:10)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。