2008年08月18日

名古屋臨海築港線

 おはようございます、奥野君です。

 最近また眠り病に罹っているもので、しばらく朝のアップが多くなるかな? その方が皆様も無駄足を踏まなくていいでしょうし。専用線は基本1日1箇所アップ予定です〜〜

で、名古屋臨海築港線。

 この線は、甲種輸送といって新車などの車輛を運ぶときにだけ使われます。でも貨物時刻表には載ってますので、メジャー情報として載せていきます。この線は、東港のヤードの西側から出て鉄橋を渡ると工場を抜けます。ここの面白い所は、大きな踏切を渡ると名鉄線と平面クロスする所ですね。そうなんです、名古屋臨海鉄道ができる前は、名鉄で運ばれてきた貨車がここを通って工場に行ってたそうです。いまでは主に名鉄の新車が通る寂れた線になっちゃいましたが。


 前回行ったときはここでパノラマカーを解体していました。

 この線は甲種輸送だけなので滅多に走りませんが、「ダイヤ情報」という雑誌やネットを検索すれば、輸送日は分かります。笠寺からの時刻は分かりませんが、おおむね貨物時刻表の通り来るようです。
 機関車は名古屋臨海機ですが、平面クロスが魅力的なので何度か通っています。ということで、


 平面クロスを渡る機関車〜〜


 線路はそこからスイッチバックして、名鉄築港線に入ります。名鉄の新車はそこから大江駅まで名古屋臨海機に引かれて行きます。でも、反対側の東名古屋港駅を超えて延びる線路が。

 実はここもほんのたまに使われます。甲種輸送の中でも輸出用の車輛はここを通って岸壁まで押し込まれ、船で輸出されるんです。港と鉄道貨物の連携がほとんどなくなってしまった今、


 岸壁の線路を走る姿を見る事ができるのは、多分甲種輸送のときだけでしょうね。


 最近多いのが、中国の製鉄所向けのSW輸送。SW好みの奥野君としては、行かざるを得ません(笑)。



 岸壁に入って行く製鉄所機関車。もうファンの目に触れる事はないであろう機関車です、

 ということで、次も甲種輸送をアップしようかな?

 ではでは

2008年の報告はここをクリックしてね。


同じカテゴリー(専用線東海)の記事画像
名古屋臨海本線情報
名古屋臨海鉄道三洋側線情報
西濃情報2
西濃尾情報1
春日井情報
東名古屋港甲種情報
同じカテゴリー(専用線東海)の記事
 名古屋臨海本線情報 (2018-01-23 18:53)
 名古屋臨海鉄道三洋側線情報 (2018-01-22 15:26)
 西濃情報2 (2018-01-20 15:10)
 西濃尾情報1 (2018-01-19 17:56)
 春日井情報 (2018-01-18 17:24)
 東名古屋港甲種情報 (2018-01-18 17:21)

この記事へのコメント
はじめまして^^  ちょこちょこ拝見させて頂いております。   平面クロスに萌えました(笑)  これからもよろしくお願いいたします。 
 m^Θ^m
Posted by ライフマーム わうくん at 2008年08月18日 12:11
 ライフマーム わうくん様、ご訪問いただきありがとうございます。初めての和歌山の方のコメント〜〜 amicus様はイコラブローカだけど、四日市在住なもので、嬉しいですね。
 平面クロスに萌えました・・同病ですね〜〜(笑)。リビング和歌山時代は何度か行かせてもらったことがありますが、紀の川市に転居してからは行けてないですね。これからも訳の分からないところばかり載せていきますので、よろしくお願いいたしますです。
Posted by 奥野君 at 2008年08月18日 19:24
はじめまして。taka@と申します。
kazuさんのところから飛んできました。

こちらの専用線の記事、とても参考になります。
ちょうど私も東港駅や汐見町線を見てきたところでして、(臨海鉄道に限らず)昔の面影を少しでも見られるブログに出会うことが出来、感激いたしております。

これからもお邪魔させていただきます。m(_ _)m
Posted by taka@ at 2008年08月19日 23:21
 taka@様、ご訪問いただきありがとうございます。でも感激されるほどのブログじゃありませんよ〜〜(笑) 汐見町線〜〜昔の面影、ないですね・・ 汐見町に行くたびに痛恨の思い・・あそこにある中部電力発電所建設輸送に汐見町線が走り回るという日に寝過ごしたこと・・いずれ現役時代も載せていきたいです〜〜
 taka@様のブログ、動画が一杯で楽しいですね。小生、まだまだ忙しくて動画を載せれていませんが、いずれは動画も〜〜って、いつになるんだろ?
ではでは、こちらこそこれからもよろしくお願いいたしますです。
Posted by 奥野君 at 2008年08月20日 02:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。