2008年09月01日

武州原谷情報

 おはようございます、うろうろしすぎの奥野君です。

 ということで、昨日の続き、原谷情報です。といってもここは普通の時刻表には載っていません。秩父鉄道は秩父のお隣、大野原駅から東に1kmくらい行ったところにあるセメント工場の貨物駅です。ここは工場の点検日以外は、日曜日も昼頃からやっているありがたいところです。

●2008年8月30日撮影

 ご存じの通りセメントは石灰石から作られるので、石灰石鉱山と隣接しているのが普通です(三岐鉄道東藤原などはそうです)が、秩父鉄道は大きなセメント工場が三ヶ尻(これも時刻表には載っていなくて、武川駅から分かれる貨物線の途中にあります)までは鉄道で石灰石を運びます。影森駅からの便もすべて三ヶ尻行きです。ちなみに三ヶ尻にもSWがいましたが、セメント輸送の廃止で廃車となったようです。

 原谷はここ自体セメント工場で、石灰石はここまで他の鉱山(どこか忘れました)からベルトコンベアーで運ばれてきますが、ここからも三ヶ尻に鉄道で運んでいるために貨車が来るというわけです。

 ここのヤードはセメント輸送をやっていた関係で広くて、つい最近まではセメント貨車で埋め尽くされていたのですが、それもすべて廃車回送されたので(名古屋臨海東港行きだそう)
 やっと積み込みホッパーに出入りするSWが見えるようになりました。

 ここのSWはちょっと変わっていて、前に係員さんが乗る箱がついています。これは製鉄所で使われる機関車と同じですね。

 私が着いた時はすでに石灰石が積み込まれ、12:00にSWが東側のヤードに引き上げていきました。影森便が4便になった関係からか、12:10秩父駅に留置されていた電機が到着し、12:15にSWが貨車を押し込んできました。

 ここはSWも魅力的ですが、見所はこれ。
 毎回してるのかどうか分かりませんが、押し込まれた貨車からSWが離れると電機が連結され、そしてその前にSWが・・重連で本線に押し出していくんです。その間ほんと10秒くらい。SWはすぐ離れていきますから、一瞬のお楽しみ。

 それが見たくて次の便まで待っていました。13:40,今度は三ヶ尻方から空貨車が到着するとすぐSWが積込場に連れて行き、14:20にまた例の電機SW重連が。場所がシビアーで、またうまく撮れませんでしたのでリベンジかな?  今回の原谷撮影はこれでお終いです。ここからまたうろうろしましたが・・その画像は今日リンクした「ほりさんの道楽ポンパン徒然草」にちらっと・・私のデジカメではうまく撮れませんでした〜〜 ビデオはばっちりですが。西武鉄道ファンの強者どもが私を入れて5人も集まってしまったので、このあと食事しながら大騒ぎ〜〜

 ということで、今回のお出かけも大団円となりましたです。

 明日は四国に飛んで、伊予三島です。


同じカテゴリー( 専用線関東)の記事画像
原谷情報
影森情報
東武鉄道舘林車庫外れ情報
神奈川臨海鉄道千鳥町線情報
神奈川臨海鉄道浮島線情報
神奈川臨海鉄道水江町線外れ情報
同じカテゴリー( 専用線関東)の記事
 原谷情報 (2018-01-21 19:12)
 影森情報 (2018-01-12 09:57)
 東武鉄道舘林車庫外れ情報 (2018-01-03 21:53)
 神奈川臨海鉄道千鳥町線情報 (2018-01-02 22:37)
 神奈川臨海鉄道浮島線情報 (2018-01-01 18:52)
 神奈川臨海鉄道水江町線外れ情報 (2017-12-31 22:47)

この記事へのコメント
奥野君さんこんにちは(^^)
武州原谷のスイッチャーは、常時動いてる日立の4軸以外に2軸もいるようですが、どんな時に動くのでしょうか? この2軸、普段は車庫の中にいて見えないのですが、たまたまシャッターが開いてる時に正面だけ見ることができました。デザイン的には日立(焼島や伯耆大山と同じ)でしたが…。
Posted by Alt winmaerik at 2009年03月31日 17:15
 Alt winmaerikさん、おはようございます〜〜
 原谷のもう一台、それは2軸ではなく4軸35トン機らしいです。代車扱いで滅多に動きません。友人の報告では最終に動いたのは2008年夏、私が八戸にお出かけしている頃でした。ゲットしたいなぁ・・
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2009年04月01日 04:58
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。