2009年02月07日

青梅曵鉄線情報

 おはようございます、今朝はゆっくり寝るはずだったのに、目覚まし時計を止め忘れて起こされてしまった奥野君です。ねぼすけの奥野君の起床システムは、タイマーに繋いだ隣部屋のラジカセです。そのタイマーがパソコンの前に置いてあって、パソコンの前に来ないと止められない仕組み。だから朝アップが最適なんですね。

 ということで、青梅曵鉄線情報。

 ●2006年9月19日撮影

 ここは昔は石灰石列車が走り回っていた八王子から出る青梅線の終点のまだその奥。

 とんでもなく高い所にかけられた橋の上を
ケーブルに繋がれたトロッコがガタガタ動くだけの代物ですが、
その風情が楽しい所です。まあこの日は秩父鉄道武州河原車庫のSWを撮った足で行ったもので、もう日暮れ近く。夢中で撮っているうちに、ガタンと停止してしまいました。時は夕方5時。業務終了なのですね。
これは少し奥にあった山腹のヤードかな?

 ではでは。やっぱりまだ眠いので、寝ますです。おやすみなさい・・


同じカテゴリー( 専用線関東)の記事画像
原谷情報
影森情報
東武鉄道舘林車庫外れ情報
神奈川臨海鉄道千鳥町線情報
神奈川臨海鉄道浮島線情報
神奈川臨海鉄道水江町線外れ情報
同じカテゴリー( 専用線関東)の記事
 原谷情報 (2018-01-21 19:12)
 影森情報 (2018-01-12 09:57)
 東武鉄道舘林車庫外れ情報 (2018-01-03 21:53)
 神奈川臨海鉄道千鳥町線情報 (2018-01-02 22:37)
 神奈川臨海鉄道浮島線情報 (2018-01-01 18:52)
 神奈川臨海鉄道水江町線外れ情報 (2017-12-31 22:47)

この記事へのコメント
こんにちは。ずいぶん珍しい光景ですね。ここが唯一かな?さてさて、前にも書きましたかな?茨城県日立市には、石灰を運ぶロープウェーがあり、石はここから更に地下ベルトコンベアーで日立駅近くのセメント工場へ運ばれます。これは、ここが唯一だそうでして、もっと他にもあると思ったので意外でした。
Posted by maruhiru at 2009年02月07日 18:37
 Maruhiruさん、こんばんは〜〜
 曵鉄線は私もここ以外では今はなき国見鉱山で見ただけです。ロープウエイ方式も我々の見ることが出来ないところではあるのかもしれませんが、日立しか知らないですね。日立は友人がネットで見つけてあわてていきました〜〜 なかなか味のある施設ですね。1枚だけ載せましたが項を作ろうかな? 
 なんでもベルトコンベアーの技術革新で安く長距離が出来るようになったので、こういう運搬方式どころか短い鉄道も置き換えられたといいます。葛生はカプセルライナーですね。唐沢鉱山に行くと円筒形の管が延びていて時折「ゴ〜〜」と何かが中を走っている音がします。ここは山の中で騒音公害もなくトンネルも多いので残っているのかな?
 ではでは、また眠くなってきました、なんで〜〜??
Posted by 奥野君 at 2009年02月07日 23:37
皆さんおはようございます。
索道といえば、いわきの粘土(セメント原料)を磐越東線大越駅付近のセメント工場へ輸送する際、粘土山から小川郷駅までは架空索道で、そこから貨車に積み込み鉄道で運搬していましたね。もうなくなってしまいましたが。
あとカプセルライナーは日本で唯一とのこと。むかし工場の方に鉱山を案内してもらった際聞いた覚えがあるのですが、当時は動くところを肉眼で見られないものに興味が持てず「ふーん」という感じでスルーしてしまった気がします(苦笑)
ベルコンで鉄道輸送廃止は、八戸とかが典型ですね。松館鉱山から工場までのトロッコと、工場からの貨車での1次輸送、いずれも地下ベルコンが工場・港を直結したことで廃止になりました。住宅地なので環境負荷の少ない方が良いですね。実際工場に行くと、他の工場と比べて出入りするトラックが少ないのが印象的です。生産量が少ないわけではなく、何のことはない、原燃料製品の大半を地下で運んでいるので見えないだけなんですね。
ちなみに山口県の秋芳鉱山には、日本海側(長門)に石灰石を輸送するための長大なベルコンがあります。美祢線がもう一本あるようなもんですね。

以上、住友系に偏ったネタですみません。
Posted by Alt winmaerik at 2009年02月08日 08:34
 Alt winmaerikさん、こんばんは〜〜 完全寝太郎になって今まで寝ていた奥野君です。
 大越はそんなのもあったのですか。ここは懐かしい思い出があるところです。入り口から中を覗いていると係員さんに中に連れて行ってもらい、コーヒーを飲んだあと中で撮影させてもらいましたです。セメント工場で中に入れてもらったのはここだけですね。ほんと感激でしたです。
 ほんと箱の土曜日に鵜殿を覗いたあと国見鉱山の廃線跡でも行こうかなと思ったのですが、眠くて眠くて(笑)。
 ではでは、今から模型を作ろうか、それともまた寝ようか・・
Posted by 奥野君 at 2009年02月09日 03:16
ベルトコンベアといえば、釧路の、海の下に伸びる炭鉱もありますね。610ミリの鉄道が昼夜ループ線をひっきりなしに走っていたのですが、ここも、地下のコンベアによりなくなってしまいました。もう、20年も前の事です。
Posted by maruhiru at 2009年02月09日 18:26
 Maruhiruさん、またまたこんばんは〜〜
 釧路情報、ありがとうございます。そうですね。あのノッポ電機一度撮りたかったのに。でも工場内なのでアップはしませんが、まだ公道から見えるところに時折来ますね。警備の車が回っていて30分も眺めていると「入らないでね」と言われましたが撮影はいいみたいです。だって小生が眺めているときは必ず隣に三脚とでかいビデオカメラがありますから(笑)。もちろんばっちり撮れましたです。古い型のノッポさんで感激しました。
 ではでは、今日もクタクタ〜〜 でも眠くないので模型でも・・
Posted by 奥野君 at 2009年02月09日 20:27
奥野さんこんにちは。いま小名木川を屋形船が通過しました。

奥多摩方面のトロッコといえば、某鉄鋼メーカーの子会社●●ミネラルもあったと思いますが、いまも動いているのでしょうか。あちらはインクラインではなく機関車+貨車の運行形態だったと記憶しているのですが…。
Posted by 社長 at 2010年06月18日 13:21
 社長さん、おはようございます〜〜
 リアルな報告ですね〜〜
 某鉄鋼会社のは多分今も動いていると思います。まあ奥野君が行ったの最後は実はこの日でしたが。鉱山はアップがしにくいので載せませんが。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2010年06月20日 07:05
奥野さんこんばんは~

今日奥多摩のトロッコ見て来ました。やぱり貨車が単独で走ってるのを見ると少し不気味ですね。
それがいい味なのかも
ついでに山頂付近の保存車両(鉱車とDL)も大切に保管してありました

明日は念願の国見山鉱山の機関車を見に行ってきます。
Posted by タンク車さん at 2010年08月20日 20:49
 タンク車さんさん、遅くなりまして〜〜
 曳鉄線〜〜 まだ元気に動いているのですね。まああそこはトラックで運ぶのは大変そうな所ですから。山頂付近の保存車輌?? そういえば一緒に行った友人がそんなことを言ったたような(笑)。何しろこの日は三カ所目だったもので、ほんとそこにいたのは30分くらいという強行軍だったんです。今度ゆっくり見に行きたいな。でも青梅の後が国見鉱山? どんな行程だ??(笑)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2010年09月02日 07:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。