2009年07月05日

勝田報告

 こんばんは、眠り病に襲われて17時間遅れの勉強をしている奥野君です。なので画像取り込みの余裕がありません・・

 ということで、翌日行った勝田報告。

●最終撮影日 1993年8月3日

 ここは常磐線の日立の少し手前。工場の社員さん向けの専用鉄道。送迎バスの鉄道版ですね。この頃でも有名でしたが、やはり収めたくて上野からすっ飛んで行きましたが、実は高校総体とかで宿が取れなかったので上野のカプセル泊まりで、疲れもピーク。
ホームを移動する気力がなくて
遠望しか撮れてません。
ほんと贅沢な時代でしたね。

 ではでは、後200ページ近く・・終わらん・・


同じカテゴリー(廃止関東)の記事画像
岡部情報
岡部情報
岡部情報
岡部情報
友部報告
矢板報告
同じカテゴリー(廃止関東)の記事
 岡部情報 (2011-12-31 06:20)
 岡部情報 (2011-02-22 06:37)
 岡部情報 (2010-12-11 19:58)
 岡部情報 (2010-08-07 05:27)
 友部報告 (2010-06-30 06:55)
 矢板報告 (2010-06-29 05:47)

この記事へのコメント
奥野さんおはようございます
貴重な写真ですね。今従業員の輸送は京急ぐらいですよね。
機関車も日立色で渋いですね。 そういえば日立駅南方の日立の工場にスイッチャーがいたような気がします。 誰でも撮影出来る位置にいたので撮影しました(しばらく動いてないので動輪が錆錆) 今は居るか解りませんが日立セメント工場が解体されている時は健在でした!
Posted by タンク車さん at 2009年07月06日 06:58
 タンク車さん、おはようございます〜〜
 まあここは有名なので、情報は多いところですね。でも昔ビデオ倶楽部に入っていたとき、勝田在住の人が「何でそんなの知ってるの〜〜 というかまだ走ってたんだ」と言われましたです(笑)。
 日立南方、モノレール会社のやつですね。でももうなくなったと聞いていますです(合掌)。動いているやつをアップし尽くしたら、そんなのも載せていきますです。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2009年07月06日 07:39
なつかしい~。私の30年前の記憶では、その列車は「肌色とピンクとの客車」だったように思います。そう、6月現在の日立セメント・・構内はどうか分りませんが、駅から延びる線路は・・・未だありますよ。
Posted by まるひる at 2009年07月06日 17:58
 まるひるさん、おはようございます〜〜
 そう、なかなかここに行かなかったのは、肌色とピンク君がいなくなった情報が雑誌に載っていたからなんです。見たかったなぁ・・ 線路、まだあるのですね。落ち着いたら廃線跡もしっかり見たいですが、いつ落ち着くんだろ(笑)。今のところ車窓から見るのが精一杯です。行きたいところが次から次へと出てくるもので。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2009年07月07日 07:19
奥野さん、今晩は~。
勝田の専用鉄道は小学生の頃に僕が生まれて初めて鉄道雑誌と言うものを買った時たまたま記事が載っていたので強烈に覚えています。(笑)
その頃は既に客車がこの東急6000系になってました。
それ以前の車輛と言うとモノクロで見たことがあったような・・・という程度の知識しかありません。
確か車輛と言うよりは台車付きのプレハブ建築と言う感じのだったような気がするのですが。
ここの専用鉄道は駅寄りの通勤関係の線路が近年撤去されたようで、長らく残っていたプラットホームもなくなってしまいましたね。
Posted by 西宮後 at 2009年07月07日 18:11
 西宮後さん、おはようございます〜〜
 そうですね。確かにプレハブ車体のような感じでした(笑)。どこかに掲載写真があるのですが、どこにあるのやら。でも跡地もどんどんなくなっていきますね。寂しいものです。後は模型で再現するしかありませんね。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2009年07月08日 07:45
こんにちは~
日立界隈怪しかったんですねっ!高校生の頃もう少し情報と
スイッチャに興味があれば今頃涙目で後悔せずにすみました。

ビデオに撮ってる奥野さんはやはり神に見えます(^^)
Posted by ヘッポコ出戻りモデラー at 2009年07月10日 04:40
 ヘッポコ出戻りモデラーさん、おはようございます〜〜
 神〜〜 単におじさんなだけですよ。私だってもっと早くに始めていれば・・と思うことしきりです。なにしろ親父はC59で通学していたのですから(笑)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2009年07月10日 07:45
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。