2009年07月27日

名古屋臨海潮見町線報告

 おはようございます、また4時からじたばたしている奥野君です。

 ということで、名古屋臨海潮見町線報告、

●最終撮影日 1992年12月5日

 ここは現在もありますが列車は運行されてないようですね。
ここは痛恨の場所で、昔年末に大量輸送情報が入ったのですが(踏切に書いてあった)、
寝過ごしてしまいました。
長い線ですが
カーブの所が好みでした。
この頃はもう入れ換え機はありませんでしたが、最初いったときは3軸ロッドがうろちょろしていたものです。いずれその時の画像もアップしますね。

 ではでは、今週は楽な勤務なのでがんばれるかな?


同じカテゴリー(廃止東海)の記事画像
M建設情報
西浜松タバコ廃止情報
西浜松情報
西浜松外れ情報
JR浜松工場在来線側
西浜松タバコ情報
同じカテゴリー(廃止東海)の記事
 M建設情報 (2016-04-27 11:04)
 西浜松タバコ廃止情報 (2014-04-14 07:56)
 西浜松情報 (2012-10-07 17:25)
 西浜松外れ情報 (2012-08-27 10:34)
 JR浜松工場在来線側 (2011-07-07 07:14)
 西浜松タバコ情報 (2011-07-04 06:01)

この記事へのコメント
3月の時刻似依れば東港15時5分汐見町行きがありますがなくなってしまったのですね名古屋臨海鉄道の見学もしたいものです
Posted by 長沢 at 2009年07月28日 18:29
一応、汐見町まではまだ存命です。

もっとも専用線はすべてなくなり、遊休貨車の置き場でしかありませんが。

一昨日訪問した際はタキ40000が10両ほど留置されていました。
Posted by ちかふさ at 2009年07月28日 21:26
奥野さん、こんばんは。
汐見町の元気な頃ですね。
こちらは撮りに行くといつもウヤで、そのうち定期列車もなくなってしまいました。
今は汐見町のヤードも東港の予備みたいな存在ですが、いつかモーダルシフトで復活してくれることを期待しておきましょう。

汐見町のヤードは歴史が古く(昭和12年完成とありました)、SL、GL、DLまで様々なSWがうじゃうじゃとしていたようですね。しかもみんな入換機械扱いなどではなく、名鉄の車籍を持つれっきとした機関車扱いだったそうで。
築港線の電機や電車改造客車も含め、昭和30年代の名古屋港周辺はそれはもうアヤシゲな世界が展開していたのでしょうね(涎が・・・ジュル)。
Posted by 西宮後 at 2009年07月29日 00:11
 長沢さん、おはようございます〜〜
 そうなんです、ちかふささんも書いていらっしゃるとおり、定期運用はなくなりました。なんでも錆び落とし用の運用はあるとかないとかですが。でも本線は元気ですので、一度見られてもよろしいかと。

 ちかふささん、おはようございます〜〜 やはり貨車の動きはあるのですね。最近は近くに行っても寄らなくなりましたが、動向は見ておかないといけませんね。

 西宮後さん、おはようございます〜〜
 昔の汐見町線は凄かったようですね。いまでも石油会社は移転したのに線路が残っていたりして怪しい雰囲気ですが。モーダルシフト〜〜 空き地が多いので期待できるかな? 私は昔名古屋臨海に行っても汐見町線しか見てませんでしたです。一番撮りやすいもので(手抜き〜〜)

 ではでは、出勤だ〜〜
Posted by 奥野君 at 2009年07月29日 07:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。