2018年05月24日

外浜続報告

 おはようございます、動画アップもとうとう九州に入ってしまった奥野君です。まあいくつか取り込んではいますのでいきなりは終わりませんが、また入院でもしないと(殴)追いつかなくなりそうです・・ ネタは腐るほどありますが(笑)。

 ということで、外浜続報告。

 ●撮影日 1988年5月3日

 外浜は最近トロッコ列車が復活した北九州の貨物線で、末期はJRの機関車が直接乗り入れていました。でも私が最初に訪れた時は,JRはトロッコ列車終点の和布刈ヤードまでで、
後は北九州港湾局のSWが引き継いでいました。
途中に車庫があって、DLがたむろしていましたが,その車庫のかけらは最末期までのこっていて懐かしく感じたものです。

●追記
 2018年に1988年動画をアップしました(https://youtu.be/YyiMXxj2rts )。

 ではでは、朝から積み込み準備を終えたので(はやっ)、そろそろやばいコントローラーの予備を買いに行って(廃線にした山口線のそれは複線ヤードポイントコントローラーに組み込まれちゃいました)、後はお掃除おじさんにでもなろうかな? お掃除は体力を使うもので、今夜は熟睡できるはず?


同じカテゴリー(廃止九州)の記事画像
鶴崎報告
石原町報告
神埼報告
三井三池ナロー報告
黒崎セメント報告
外浜貨物線報告
同じカテゴリー(廃止九州)の記事
 鶴崎報告 (2018-05-30 16:38)
 石原町報告 (2018-05-29 20:03)
 神埼報告 (2018-05-25 19:19)
 三井三池ナロー報告 (2010-05-08 19:47)
 黒崎セメント報告 (2009-04-21 05:30)
 外浜貨物線報告 (2009-03-13 23:25)

この記事へのコメント
奥野さん、こんばんは~。
緑のDD13ってのも渋くていいですね。
DD51ではそれだけで名古屋から出かけて行く気はしなかったこの線ですが、こういう怪しげな機関車がいたら俄然やる気が・・・(笑)
そういえばこの路線、元は門築土地鉄道と言う私鉄路線だったとかで、臨港線にありがちなややこしい歴史を持っているようです。
Posted by 西宮後 at 2010年02月04日 00:12
 西宮後さん、おはようございます〜〜
 そうなんです、この頃は4軸で旧国鉄機というだけでがっかりしていたものですが、今見るといいですね。
 でも「門築土地鉄道」?? 初めて聞きましたです。この辺は製鉄所関係からかややこしくも素敵な(笑)鉄道がありましたね。若松市営とか。一度見てみたかったな。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2010年02月04日 06:11
はじめまして。
鉄道貨物で検索していましたら、ここにたどり着いた者です。
ここでは、過去の鉄道貨物の写真がいろいろありまして、羨ましいです。
自分が社会人になった頃には、殆ど残っていませんでしたから。
あと、奥野氏も知っているかもしれませんが、個人的には外浜の臨港線は成り立ちよりも、JR化後にやらかしたある出来事の印象が強いです。詳しくは、ニコ動の『無法鉄道4439日』がおすすめです。
タイトルでネタバレしてる気がしますが。
Posted by クロマティー13世 at 2018年06月27日 21:50
奥野さんこんばんは

●西宮後さん
港湾部の鉄道は、立地企業が設立した私鉄だったり専用側線がルーツのものも少なくないので、面白いですね。臨海鉄道にもそういうのが多々。
ところで、北九州銀行レトロラインは平日ならば任意のダイヤで貸切運転もできるみたいです(HP記載有)。門司港~和布刈間の本線は普段から撮れますが、1日1往復しかしない車庫線(和布刈~雨ヶ窪~大久保)間を行ったり来たりして一時停止してもらいながら何度も撮るというのも可能かもしれません。

●クロマティー13世さん
はじめまして
奥野君の専用線日記をご覧の皆様は、無免許が話題になったことはご存知と思いますよ(^^;

私が疑問なのは、国鉄時代の専用線一覧を見ると、外浜駅より先は専用側線であり、鉄道事業法による鉄道路線ではないということです。国鉄分割民営化に際し、JR貨物が門司港~外浜間の第1種免許を手続(手元の鉄道要覧1995年版で確認)していますが、その際に、専用側線専用者である北九州市港湾局が専用側線としての何らかの手続きを失念したということではないでしょうか。専用側線専用者は鉄道事業者ではないので、そもそも鉄道免許を申請する必要はなく、専用側線関係の手続き漏れはあったかもしれませんが鉄道事業者としての「無免許」にはあたらないと思います。そのあたりを詳しく解説してくれる人が未だに現れませんねぇ。

リンク先の動画も拝見しました。参考文献が並んでいる割にいろいろ誤解がありそうですね。
<ツッコミ1>
DD51が直通していた理由は、スイッチャーの牽引力不足ではありません。北九州市港湾局には三菱製の車軸配置BABの65tスイッチャーDE651がいました。港湾部の平坦線ならセメント貨物列車はこれで充分です。発送元の三井鉱山(金見鉄道)にも日立製の50tスイッチャーが何両もいましたし(うち1両はいま小倉製鉄所にいます http://eurofima.way-nifty.com/aux_amis_des_trains/2018/04/post-cd67.html )、スイッチャーでも牽引力は充分あります。
専用線は、入換作業を自社で担う(機関車や要員も用意する)ケース、運送会社などに委託するケース、国鉄機をそのまま直通させるケースなど様々あり、田野浦臨港鉄道もそのバリエーションの一つに過ぎないとうことです。牽引力は関係ありません。
<ツッコミ2>
外浜駅より先の区間を外浜駅構内扱いにしたことをさも特異的なことのように語られていますが、そんなのはよくある話です。たとえば汐留駅、いま話題の築地市場まで伸びていた路線が廃止された後も、車両が走っていました。これも無免許運転? 否。なんのことはない、汐留駅構内扱いにしただけでした。ちなみに、長~い駅構内といえば、新鶴見信や吹田タなどは全長4kmくらいあるのかな。我が地元の常磐線馬橋駅も、常磐線と武蔵野線のジャンクション部分がすべて馬橋駅構内で、南は北松戸駅のすぐ北側から北は北小金、新松戸~南流山間の線路分岐部まで馬橋駅です。これも3km以上ありますね。千葉県松戸市の1/5くらいは馬橋駅構内です(笑)
Posted by 社長 at 2018年06月28日 19:01
 クロマティー13世さん、おそくなりまして~~
 裏話、奥野君も聞いてはいましたが、詳しい変異はためになりました。他人事ではなく、奥野君も相続手続きを一つ失念していたもので。まあ夏申請の書類が受理されたもの通っていないということで結局できなかったのですが、忘れたままだと同じようになったかも~~

 社長さん、こんばんは~~
 あらあら、いろいろまたまたややこしいことがあるようですね。奥野君は外浜線のセメント列車がこの話で廃止されたのではないことを祈るばかりです・・ たしか九州新幹線が開業してすぐなくなったのかな? 仲間と示し合わせて、開業の日に新幹線は無視して外浜と初めての金見に行きましたです。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2018年06月29日 23:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。