2010年03月19日

水島臨海鉄道報告

 おはようございます、諸般の事情で今日と明日連直になってしまった奥野君です。

 ということで、水島臨海鉄道報告。

 ●撮影日 2006年11月18日

 今とあまり変わらない
水島臨海。
このころの4軸機の運用は後補機扱いでした。
行った事すらあまり記憶に残っていない一コマです。記録では前日が多気と南四日市〜〜 発作を起こしたのですね(笑)。

 ではでは、明日はアップはお休み〜〜来週は遊びまくりでアップできない日が・・


同じカテゴリー(専用線中国四国)の記事画像
伯耆大山コンテナ情報
伯耆大山製紙情報
伯耆大山情報
後藤外れ情報
伯耆大山コンテナセンター情報
伯耆大山新車情報
同じカテゴリー(専用線中国四国)の記事
 伯耆大山コンテナ情報 (2018-01-10 16:14)
 伯耆大山製紙情報 (2018-01-09 17:43)
 伯耆大山情報 (2017-03-19 18:33)
 後藤外れ情報 (2017-01-31 21:18)
 伯耆大山コンテナセンター情報 (2017-01-30 20:14)
 伯耆大山新車情報 (2017-01-29 22:49)

この記事へのコメント
奥野君さん、こんばんは。今日は秩父をお楽しみになったのでしょうか(^^)

水島臨海プッシュプル~補機のような回送ですね。
むかしの鉄道ジャーナル(だったかな?)の臨海鉄道特集に、閉塞の都合で水島以南をプッシュプルにしなければならない、とありました。おそらく、臨海鉄道の多くはスタフ閉塞なので、同一方向に2列車以上連続で走らせることができないのだと思います。東水島から倉敷タへ機関車を単機回送すると、そいつが戻ってくるまで次の列車が発車できないので。後部に連結するのは水島で切り離すためなのでしょうね。

なお、著者は渡辺一策、藤岡雄一ですので、信頼性は高いと思います。

以上、トリビアでした。
Posted by 社長 at 2010年03月27日 21:58
 社長さん、こちらでもおはようございます〜〜 
 秩父楽しみましたです。とりあえず原谷アップでしました〜〜(笑)。
 そうなんだ、たしかにスタフ閉塞だとそうなりますね。一時使用のを使わないと。この頃は高架が出来たらどうなるんだろうと心配でしたが、今も元気なので杞憂でしたね。また行きたいなぁ。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2010年03月29日 07:43
奥野さんこちらでもこんにちは
水島臨海本線情報ということでこちらに。

●2012/3/31土曜日
本線は、常に運休の倉敷タ便以外は全便運行。上下ともかなり長編成でコンテナぎっしりでした。今回は、水島臨海鉄道の広告にも採用されている、水島駅分岐部大俯瞰を、午後一の上り列車で撮りました。暴風で足元が揺れて怖かったです。
Posted by 社長 at 2012年04月01日 16:11
 社長さん、またまたおはようございます〜〜
 大俯瞰〜〜 なかなかえらいところで(笑)。奥野君は多分行かないだろうな。3Dになりそうにないもので(そんな理由かい・・)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年04月03日 08:03
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。