2011年05月12日

関西線桑名駅 倉庫

 おはようございます、またまた爆睡した奥野君です。何でこんなに寝るんだろ??

 ということで、関西線桑名駅 倉庫 K運送0.3km

● 撮影日 2011年4月23日

 ここは、いつも怪しげな倉庫だなと見ていたところ。実はこの専用線廃線跡巡りをはじめたのも、心安らかに電車に乗るためなんです。どうもあちこちに怪しげなものがあると、落ち着いて電車に乗れないもので(笑)。
そしてこの倉庫も専用線が引き込まれていました。電車から見える倉庫に書いてある会社名と専用線名が一致〜〜 
この間を線路が走っていたら萌えるんですが、まさかね? 作業キロ0.3km、総延長0.2km。なぜか総延長の方が短いですが、「日通線」に接続なので、そうなるのかな? 
ちなみに日通線はこの駐車場かな?

 ではでは、明日から2日間お休みで遊びにいってきますので、次のアップは日曜日かな? 


同じカテゴリー(名鉄局貨物取扱駅)の記事画像
衣浦臨海鉄道権現崎駅
東海道線笹島貨物駅
名鉄西尾線福地駅屎尿貯留槽側線
西濃鉄道市橋線奥
西濃鉄道市橋線手前
西濃鉄道昼飯駅
同じカテゴリー(名鉄局貨物取扱駅)の記事
 衣浦臨海鉄道権現崎駅 (2017-03-14 20:29)
 東海道線笹島貨物駅 (2017-03-13 20:26)
 名鉄西尾線福地駅屎尿貯留槽側線 (2017-03-10 21:57)
 西濃鉄道市橋線奥 (2016-09-27 19:36)
 西濃鉄道市橋線手前 (2016-09-26 23:45)
 西濃鉄道昼飯駅 (2016-09-25 21:45)

この記事へのコメント
AKLINさん29日の四日市とても楽しかったです。

特に四日市港は、着いたときからスイッチャーが動いていたので嬉しかったです。
Posted by 中継信号 at 2011年05月12日 17:45
前略
中継信号君、まだまだ四日市周辺のSWや専用線・専用線跡は、楽しいことばかり。
三岐鉄道の骨材・セメント(フライアッシュは夜しかダイヤがない)や近鉄内部・八王子線、北勢線、湯の山線(過日は、片山温泉に行ったら「ヘッドマーク」を付けていた・写真無し)塩浜駅、近鉄塩浜工場・・・書き始めたらきりがない。
三岐鉄道(Tセメントは、稼働してたでしょ!!・・闇情報は正解)
また来て下さい。
私も、今年の夏は、結構仕事不足ですので、お付き合いできるかも知れません。
私は、免許持ちです。(車、二輪、危険物、ボイラー、鈴鹿サーキット等のレーシングコース、溶接、電気工事士等)
取りあえず、車で、ご案内しましょうか?(前はBMWでしたが、今はプリウスです。家計の事情から・・・)
草々
Posted by AKILIN at 2011年05月12日 20:26
 中継信号さん、おはようございます〜〜
 なかなか楽しめたそうでよかったです。海山道はなくなっちゃいましたが、全国見渡してもこれだけSWがウロウロしているのは四日市しかありませんです。また楽しんでくださいませ〜〜

 AKILINさん、おはようございます〜〜
 またまた凄い免許ですね。奥野君は最低限しか持ってませんです。中継信号さんとの専用線巡りってまた面白そうですね。もし実現したら、まったり楽しんできてくださいませ。

 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2011年05月15日 08:35
AKILINさんいつか会ってみたいです。

関西はスイッチャーが少ないので、四日市はとても楽しかったです。

またいつか行ってみたいです。
Posted by 中継信号 at 2011年05月17日 19:47
 中継信号さん、遅くなりまして〜〜
 楽しめたようで何よりです。AKILINさんの承諾が得られれば、彼のメルアドは持ってますのでお教えしますです。ブログ左欄一番下の「オーナー」へのメッセージでアクセスしていただければ、奥野君にメールとして届きますので。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2011年05月19日 06:46
前略
免許の欄に「高等学校教員専修」と「アマチュア無線」「文部科学省認定スポーツ指導員(陸上競技)」「英検」を書くのを忘れていました。
「中継信号さん」今年の夏は、7月下旬に、秋田へ出張以外は、多分、学生さんが言う、所謂「夏休み」期間中は、大丈夫ですよ。
でも、中学進学の「受験勉強」大変でしょう?
もし、四日市に来るなら、自分で、計画を立てて下さい。
私は、その通りに、車を走らせるだけですが、万が一、交通事故にでも遭わせてしまったら、とんでもないことになりますので、やはり、車での移動は、やめた方がよいと考えます。
JR四日市に「貸し自転車」がありますので、それを使っても、充分に楽しめる箇所と時間は、あると思います。
草々
Posted by AKILIN at 2011年05月19日 21:54
 AKILINさん、おはようございます〜〜
 そうなんだ、いろいろ考えなくちゃいけないのですね。奥野君は通常モードに戻ると、四日市は当直明けで元気なときに発作的に行くところなので、なかなか同行者と一緒に行けるところではないんです。休みが取れたらもっと遠くに行くもので(すみません)。よろしくお願いしますです。
 でもまた資格が増えてる〜〜(笑)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2011年05月20日 05:27
前略
「二輪」の免許は「大型自動二輪」ということで、お願いします。
現在、世界最速の「カワサキ」の1200ccの保有者です。
ハイオクで14km/Lしか走らない、怠け者ですが、メーターは、300まで、書いてあり、計算上は、それ以上で走ることが出来るようです。(未体験)
草々
Posted by AKILIN at 2011年05月20日 21:39
 AKILINさん、またまたおはようございます〜〜 
 なんと、「世界最速の「カワサキ」の1200cc」?? 昔職場でツーリングには何度か行きましたが、ビデオ係でした〜〜 それでも750ccが最高だったかな? ちなみに奥野君は原チャリ免許です(笑)。新聞配達時代、原チャリが壊れて配達場の90ccに乗らされましたが(もちろん無免許)、加速が全然違うのに驚いたことがあります。1200ccって想像もつかないですね。250ccまでは後ろに乗ったことがありますが。
 ちなみに奥野君のフィット君燃費は現在通勤で22,6km〜〜 スタッドレスタイヤから履き替えたら病気の世界に入ってしまいました・・(ちなみに公称10モード20.5kmです)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2011年05月21日 07:25
奥野さん、こんばんは~。
ここの倉庫も更地になってしまいましたね。
この土地ですが今日寄り道して観察したところ道路を挟んで運河が接続しています。
この運河は揖斐川につながっているのですが、国土地理院の古い航空写真を見ると運河沿いに木場が存在(運材好きの血が騒ぎだした~(笑))。
以前資料調査で見た「木曽川を下って来た流送材を桑名城の貯木場から桑名駅側線へ運ぶための運河があった」という情報とぴったり合います。
倉庫の場所は水陸連絡用の貯木場でこの専用線も関西鉄道時代からのとんでもなく古いものということになりますね。
Posted by 西宮後 at 2016年11月26日 22:20
 西宮後さん、おはようございます~~
 倉庫が更地・・ いい倉庫だったのですが、残念ですね。でも、なんと昔が貯木場で専用線もそのころからのものとは・・ 奥野君の専用線資料は、昭和28年以前はまとめてないもので・・。
 禁断の航空写真~~ 実は最近北海道専用線訪問資料をまとめているのですが、ウィキの航空写真の説明に結構専用線の記述が載っていることに気づいたので、一挙に進んでます~~(笑)。大きなところは「鉄道による貨物輸送の変遷」に載ってるし~~(家のプリンターでコピーするのは結構大変ですね・・)。なかなか終わんないですが、行くのは4月以降だし~~
 ではでは。
Posted by 奧野君 at 2016年11月27日 08:07
奥野さん、こんにちは~。
タブレットPCを使うと効率が良いと思いますよ。
僕は林鉄・専用線めぐりでの資料持ち歩きに専らタブレットを使用しています。
プリントアウトせずに大量のデータを持ち歩けるし、足場が悪いとこでもバランスを崩さず見れるので重宝してます。
スマホでは画面が小さく見難いですがタブレットでは画面が大きいので地図資料には最適だと思います。禁断の航空写真画像や公文書館で撮影した図面をそのまま入れて持っていくので現場での情報量が恐ろしいことになってますが(笑)
Posted by 西宮後 at 2016年11月27日 15:45
 西宮後さん、こんばんは~~
 そうですね。西宮後さんが使っているのを見ていて心が動きました~~ 確かにタブレットだとこんな苦労はいらないと思いますが、正直液晶を壊しそうなのが最大の心配。お家で使うノートパソコンの液晶を去年壊したもので(笑)。
 後は、まあアナログおじさんというせいもあるでしょうけれど、出来るだけ一枚の紙に書き込んでおくと、タブレットより素早く検索できます~~ 問題は書き込まなかった情報が必要になる時ですが、これだけ回っているとどういう情報が必要なのか分かってきます。分かってくるからこそ準備時間が伸びちゃうのでお仕事している時はタブレットにしようかなとも思いましたが、まあいまは~~(殴)。特に鉄道で行くと不足情報に嘆くより、ギリ時間に苦労させられるもので・・
 ではでは。
Posted by 奧野君 at 2016年11月27日 22:16
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。