2011年05月27日

関西線富田駅 紡績

 こんばんは、頑張り奥野君です。今週末のがんばりで「当落」が決まります。なぜなら来週は
  
         「西武・電車フェスタ」〜〜  
  
 今回は、イベントメイン会場近くに場所を移しますが、ややスペースが狭い感じなので「奥野島」はなし〜〜 でも高麗モジュールと吾野モジュールを携えてボランティアで出動です〜〜 したがって試験前の週末はいそがしい奥野君です。だって。落ちてもいい試験だし〜〜(コラコラ)。

 ということで、関西線富田駅 紡績 T紡績0.7km

● 撮影日 2011年4月24日

 富田の紡績工場専用線。これはあっさり見つかりました。「イオン=T紡績工場法則」というものがあるもので(笑)。ちなみに南四日市T紡績工場の跡地に建つ商業施設もイオン系列だそうです(AKILINさん情報)。
三岐本社横の
この線路〜〜 
反対側にはイオンが。まあ国道一号線を渡っていますが、それは「石山繊維」の例があるもので気にしないことに。ちなみにこの専用線、昭和32年版には作業キロ0.7kmと載っていますが、36年版にはありません。国一を渡っていたからかな?

 ではでは、今から勉強(するかな?)


同じカテゴリー(名鉄局貨物取扱駅)の記事画像
木次線下久野駅
東海道線蒲郡駅
東海道線西小坂井駅
武豊線半田駅
武豊線半田駅
衣浦臨海新半田駅
同じカテゴリー(名鉄局貨物取扱駅)の記事
 木次線下久野駅 (2017-05-29 13:58)
 東海道線蒲郡駅 (2017-05-17 21:17)
 東海道線西小坂井駅 (2017-05-16 21:26)
 武豊線半田駅 (2017-05-11 18:24)
 武豊線半田駅 (2017-05-10 19:27)
 衣浦臨海新半田駅 (2017-05-09 16:55)

この記事へのコメント
前略
これは、民主党の、お偉いさんのまさに、出身地です。
今でも、信じられないのは、「国道一号線」を横切っていたとは、今でも信じがたいですが、事実なようです。

草々
Posted by AKILIN at 2011年05月29日 19:23
奥野さん、ご無沙汰です。
紡績工場の線路は1号線横断で正解ですよ!
古地図を見るとちゃんと載ってますよ!
Posted by 南野哲志(三岐大図鑑) at 2011年05月29日 22:22
 AKILINさん、こちらでもおはようございます〜〜
 ハハハ・・まあ昭和32年頃といえば、国一が全線舗装を完了した頃という頃なもので。つまりは鉄道貨物全盛だったのですね。

 南野哲志(三岐大図鑑)さん、おひさしぶり〜〜
 そうなんだ、でも線路のある古地図って・・ RUIDOさんの地図には「T紡績跡」と載ってましたが。
 それはそうと、「某砂利線記事」はまだですか〜〜(と催促してみるテスト)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2011年05月30日 06:27
奥野さん、こんばんは!

富田の古地図、過去にブログでUPしてたので、リンク貼ります。
http://blogs.yahoo.co.jp/nannocraft/34070560.html

しばらく、耐震診断・耐震補強設計とRM誌三岐80周年特集原稿が忙しくて...
砂利線の話はまだまだ調査が行き届いてないので、もうしばらく先になりそうです。
Posted by 南野哲志(三岐大図鑑) at 2011年05月30日 22:52
国土地理院のサイトにある米軍の航空写真にそれらしい専用線が国道1号を横切っている写真が写ってました。
入換は国鉄蒸機が行っていたようですね。
三岐の海軍崩れの古典DLが入換してたらさらに怪しいのですが・・・。
Posted by 西宮後 at 2011年05月30日 23:14
 南野哲志(三岐大図鑑)さん、こんばんは〜〜 
 おお〜〜古地図〜〜 ほんと古いですね。国道一号もない・・ でも専用線はばっちり〜〜 これによると入ってそんなに長くなかったようですね。まあ紡績工場はせいぜい製品の出荷がメインでしょうからそんなに長くはいらないのかな? まあ奥野君唯一の紡績工場専用線ゲットは敦賀のT工場でしたが、あそこは石油だったかな?

 西宮後さん、こんばんは〜〜
 さすが三岐SLは入ってないでしょうね。三岐には砂利線もありましたし。国土地理院の航空写真〜〜 あれは禁断のページで、奥野君は見ないようにしていますです(笑)。

 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2011年05月31日 19:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。