2011年05月28日

関西線富田セメント

 こんばんは、もう完全に頭に虫がわいてしまった奥野君です。12時間やったのに目処が見えないよ〜〜

 ということで、関西線富田セメント Tセメント

● 撮影日 2011年4月24日

 これもたぶんここですね。
今もタンクが建っていますが、新しすぎ〜〜 昭和45年版に載ってないもので。
でも線路がいっぱい引き込まれていて、
横は関連会社のトラックがいっぱい〜〜 昭和36年版によると、作業キロ0.1kmなので、後は側線かな?

 ではでは。


同じカテゴリー(名鉄局貨物取扱駅)の記事画像
名古屋臨海汐見町駅中側線
名古屋臨海汐見町駅西側線
名古屋臨海汐見町駅
名古屋臨海知多駅2
名古屋臨海知多駅1
名鉄三河線土橋駅
同じカテゴリー(名鉄局貨物取扱駅)の記事
 名古屋臨海汐見町駅中側線 (2017-04-26 13:46)
 名古屋臨海汐見町駅西側線 (2017-04-25 16:29)
 名古屋臨海汐見町駅 (2017-04-24 19:31)
 名古屋臨海知多駅2 (2017-04-23 19:13)
 名古屋臨海知多駅1 (2017-04-22 17:19)
 名鉄三河線土橋駅 (2017-04-21 14:20)

この記事へのコメント
前略
セメントだけだったら、この作業0.1kmで終わりでしょう。
新しすぎの「タンク」は。Tでセメントになってから、塗装し直したのでしょう。
「富田」も「廃線」や「線路撤去」で、この20年ほど、変化がありましたから・・・
草々
Posted by AKILIN at 2011年05月29日 19:16
 AKILINさん、おはようございます〜〜
 そうなんです、確か見た風景がどっかに行っちゃってますね。廃線跡巡りは定年後と決めていたのですが、始めて正解だったかな?
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2011年05月30日 06:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。