2012年01月22日

紀勢線阿田和駅

 おはようございます、模型資料がえらいことになっている奥野君です。ここ二ヶ月分から模型に使えそうな写真をピックアップしてたら、800枚〜〜 全部やると何枚になるんだろ・・

 ということで、紀勢線阿田和駅 I産業0.7km。

●撮影日 2012年1月14日

 ここは
何度もアップしている紀州鉱山から延びていた索道の終点だったそう。でも何にも残っていませんでした。
駅舎側の側線は空き地に。
奥の専用線側は一線が保線区。
専用線は住宅地になっていました。
全体的にはこんな感じですね。
わずかにこんな表示と踏切名もそうでしたね。
 で、今日の建物~~

 ではでは、今日はお手々を動かそうかな?


同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事画像
南海紀伊清水駅
南海学文路駅
和歌山線妙寺駅国鉄砂利側線
和歌山線妙寺駅砂利トロッコ線
有田鉄道廃線跡2
有田鉄道廃線跡1
同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事
 南海紀伊清水駅 (2017-03-08 21:00)
 南海学文路駅 (2017-03-02 06:15)
 和歌山線妙寺駅国鉄砂利側線 (2016-12-14 13:00)
 和歌山線妙寺駅砂利トロッコ線 (2016-12-13 18:17)
 有田鉄道廃線跡2 (2016-10-19 19:27)
 有田鉄道廃線跡1 (2016-10-18 22:20)

この記事へのコメント
奥野さんこんにちは

阿田和駅懐かしいです。以前、紀州鉱山訪問の際、駅近くのスーパー裏からバスで行った記憶があります。
駅構内に専用線への分岐跡らしきものは見えましたが、索道との関連がよく分かりませんでした。
Posted by 社長 at 2012年01月22日 11:57
 社長さん、おはようございます〜〜
 阿田和駅はほんとさっぱりなくなっているようです。RealMapによると、まだ残っている北側の待避線の向こうに専用線が3線。東西両方に引き上げ線の記載があります。多分住宅地の所にホッパーがあったのでしょうね。なんかで読んだ記憶では、ここから浦神まで貨物列車で運んでいたとか。まあここから船というルートもありましたが、どこに港があったのかな? 今は昔の話ですね。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年01月23日 07:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。