2012年01月24日

紀勢線大泊駅

 おはようございます、昨日は体力勝負でバタンキューと思いきやなかなか寝れなかった奥野君です。今日も体力勝負なのに・・

 ということで、紀勢線大泊駅 Sセメント0.1km Oセメント0.1km 他。

●撮影日 2012年1月14日

 ここは
昔は坂祝のようにセメント集積地だったのでしょうね。
いまは保線区らしい
側線が一本残るのみ。
でも当時のものかはわかりませんが、
セメントのプラントはありました。
何しろここが工事中の道路トンネルの出口なもので。なかなかにぎやかな駅でしたです。

 ではでは、今日は当直です・・


同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事画像
南海紀伊清水駅
南海学文路駅
和歌山線妙寺駅国鉄砂利側線
和歌山線妙寺駅砂利トロッコ線
有田鉄道廃線跡2
有田鉄道廃線跡1
同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事
 南海紀伊清水駅 (2017-03-08 21:00)
 南海学文路駅 (2017-03-02 06:15)
 和歌山線妙寺駅国鉄砂利側線 (2016-12-14 13:00)
 和歌山線妙寺駅砂利トロッコ線 (2016-12-13 18:17)
 有田鉄道廃線跡2 (2016-10-19 19:27)
 有田鉄道廃線跡1 (2016-10-18 22:20)

この記事へのコメント
奥野さんおはようございます。

セメント専用線がたくさん登場しますね。
写真のサイロですがセメント出荷基地のものにしては小さすぎるので、生コン工場か現場サイロ(SSに対してGSと呼ばれます)ではないかと思いますがいかがでしょうか。トンネル工事には生コンが必要ですので(セメントをそのまま使えない)。
Posted by 社長 at 2012年01月25日 09:01
 社長さん、こんばんは〜〜
 相変わらず精力的に動き回っておられますね〜〜 セメントサイロの解説、ありがとうございます〜〜 で、生コンとセメントってどう違うのだろ・・ 混ぜ物したのが生コン??
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年01月25日 17:32
こちらでもこんばんは。

セメントに骨材や混和材を混ぜて水で練ったのが生コンです。レミコン(レディミクストコンクリート)とも言います。

地盤改良のためにセメントをそのまま地面に撒くような使い方(固化材)もありますが、ビルやダムに使うほどの強度は出ないと思います。


見た目上ややこしいのは、セメント出荷基地が生コン工場を併設している場合です(生コン業者にセメント出荷業務を委託している、と言った方が正確でしょうか)。

ぱっと見、区別が付きにくいです。鉄道輸送のあったところでは、業平橋や西上田などがこのケースに該当します。他にもあると思いますがすぐに出てきません…(苦笑)
以前ご紹介した、ホームページのセメント出荷場所検索機能に付随して、生コンマップというのがあったはずなので、それを見ていただければ、類似の拠点を探せると思います。
Posted by 社長 at 2012年01月25日 22:46
 社長さん、こちらでもおはようございます〜〜
 レミコンって生コンのことなんだ。時々レミコンの文字が書いてあるので何だろうと思ってました〜〜 袋詰めセメントは茶色のワム君で運んでいたのでしょうね。生コン工場を作ってワム君を配置したいな・・
 ではでは、今日は仕事場の方は雪が積もっていそうなので、早めに行きますです。
Posted by 奥野君 at 2012年01月26日 07:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。