2012年02月14日

大阪港線浪速貨物駅

 おはようございます、何とか足が復活してきた奥野君です(おじん〜〜)。嬉しいことが一つ。リンク先の「ポレポレ日記」様がこっそりと(?)復活されました。模型製作主体になるようですが、心配していただけによかったです〜〜

 ということで、大阪港線浪速貨物駅。
  S倉庫0,7km S倉庫0.1km O造船所0.1km K汽船0.1km N協0.3km
  K製鉄0.2km S加工0.3km T商会0.1km N鉄道産業0,1km

●撮影日 2011年5月4日

 やっと天鉄局専用線巡りも終わりに近づきました。少し前になりますが、この日は後半部1975年の大阪市の地図を持たせた友人とうろうろした楽しい日。反対側から回ったのでここは最後でしたが、アップすると混乱しそうなので浪速貨物駅から〜〜 ちなみにここは「時の鉄路」さんはじめいろいろの方が行かれているので、読者様は見飽きているかな?
 で、現役時代もちょっと撮った浪速貨物駅。
でも建物に蹂躙されていました。環状線からの土手は残っていて、
終点手前の橋は
いい感じなのですが、
その後はこんな感じの建物だらけ。
わずかに看板が残っていましたです。
まあ道の反対には東港貨物駅に延びていた線路跡がありましたが。

 ではでは。


同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事画像
近鉄吉野線下市口駅2
有田鉄道湯浅海岸廃線跡
近鉄吉野線下市口駅1
近鉄南大阪線御所駅
近鉄南大阪線盤城駅
近鉄南大阪線二上山駅
同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事
 近鉄吉野線下市口駅2 (2017-08-23 14:39)
 有田鉄道湯浅海岸廃線跡 (2017-08-22 12:04)
 近鉄吉野線下市口駅1 (2017-08-19 20:18)
 近鉄南大阪線御所駅 (2017-08-18 18:54)
 近鉄南大阪線盤城駅 (2017-08-17 16:29)
 近鉄南大阪線二上山駅 (2017-08-16 15:01)

この記事へのコメント
お久し振りです~☆☆☆

この跡地は友人にクルマで連れて行って貰いました。

弁天町からここまで辿って、最後の橋はホンマに最高です。

看板だけでも残っていて、何だか嬉しいような切ないような気分でした。

今後もお忙しいとは思いますが、うp楽しみにしております☆☆☆

今年は南海高野線を乗りまくろうと思う今日この頃(笑)
Posted by 無名戦士 at 2012年02月15日 00:55
 無名戦士さん、おはようございます〜〜
 確かに最後の橋は圧巻でしたね。でも奥野君にとっては大阪港あたりがゾクゾクしましたです。
 高野線〜〜 そういえば南から巡って北野田で挫折しているな・・
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月15日 07:37
こちらでもおはようございます。

浪速駅周辺の変わり方はほんとに驚きます。最後まで扱っていた所も

・レール…建機置き場
・T商会…規模縮小で線路のあった場所は分かりにくく…

T商会にアントが居た時代が懐かしいです。東港線跡の感じは変わらないですね。動車庫脇から分岐してたのではないでしょうか?
Posted by RUIDO at 2012年02月15日 10:28
 RUIDOさん、こちらでもおはようございます〜〜
 ほんと何もなくなっていますね。T商会のアント〜〜 奥野君は見てませんです。浪速は末期に一度だけ行っただけなもので。確かに動車庫がありましたね。東港線の分岐部が残っているのは嬉しかったです。でもこの線は真っ直ぐ東港に延びているだけ(建物の隙間はありますが)なので、東港あたりしか行ってませんです。楽しい倉庫がいっぱい残っていますので、このアップの最後に出てきますです。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月16日 07:06
こんばんは~。
浪速貨物は現役末期に一度だけ撮りに行ったことがあります。
と行っても列車はウヤで動くものは撮れませんでしたが(^ ^;)
遠くからSWが3台と保管貨車が見えただけでしたねえ。
それでもヤードから延びた積卸所に銀タキとアントがいたり妖しい雰囲気は十分でした。あれから8年・・・今ではその面影も全く無いようですね。
SWのうち1台は海山道に転属してきたのを撮りまくりましたが、それも今は無く時の流れを感じます。
Posted by 西宮後 at 2012年02月20日 21:10
 西宮後さん、おはようございます〜〜
 ほんと浪速の変わりようにはびっくりしました。浪速から海山道へ。そして〜〜 今は伯耆大山にいますよ〜〜(たしか、それか東北に行ったかな?) 大切に使われていただけあって元気です〜〜
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月21日 06:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。