2012年09月10日

舞鶴線西舞鶴駅

 こんにちは、またまたおさぼり奥野君です。PCがえらいことに〜〜 まあ復活しましたが。

 ということで、舞鶴線西舞鶴駅 S(石油)0.1km D紡績1.6km Sセメント0.4km

●撮影日 2012年4月16日

 ここは
下見でも
空き地だらけで
どこがどこだか。「懐かしい駅の風景〜線路配線図とともに〜」様の線路図(http://senrohaisenzu.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/1979826_3018.html)によると、旧本屋側(今は橋上駅舎なもので)の東舞鶴側にS(石油)の文字が〜〜。
この辺かな? で、D紡績は「専用線一覧」に「四所間分岐」とあるので、
この空き地がそうですね。
分岐は向こう側かも? Sセメントは結局わかりませんでしたです。で、明日のアップも西舞鶴〜〜

 ではでは、ネタは余ってるのでもう一つ・・


同じカテゴリー(福鉄局貨物取扱駅)の記事画像
宮津線網野駅
山陰線鎧駅続報
宮津線丹後山田駅続報
加悦鉄道加悦鉱山駅
福知山線谷川駅
福知山線石生駅補遺
同じカテゴリー(福鉄局貨物取扱駅)の記事
 宮津線網野駅 (2014-06-23 19:35)
 山陰線鎧駅続報 (2014-05-27 08:04)
 宮津線丹後山田駅続報 (2014-05-09 11:36)
 加悦鉄道加悦鉱山駅 (2013-05-14 20:31)
 福知山線谷川駅 (2013-05-13 22:02)
 福知山線石生駅補遺 (2013-05-13 21:55)

この記事へのコメント
こんばんは~。
伏木祭は行けるかどうかが修理中の車次第修理が間に合えば行くかもというところ・・・どうなるかな(- -;)

西舞鶴・・・うちは両親とも丹後出身なので馴染み深い地です。
D紡績は舞鶴線と別れた後も宮津線に沿ってヘロヘロと延びて、工場手前に短いガーダーが残ってましたがいつの間にか無くなりました。
Sセメントは舞鶴線と倉谷側線分岐部の扇状になった場所にありました。
舞鶴線電化後もしばらくは残ってたように記憶してますがどうだったかな?
ここには日立15tをさらに小型化したスタイルの10t機がいたとか・・・。

物心付いた頃(80年代半ば)にはいずれもトワイライトゾーンと化しておりSWや貨車が出入りしているところを直接見たことはありませんね。
駅裏の空き地はかつて広大な側線群で、国鉄末期には旧客や余剰のキハで溢れ返り、それはもうアヤシゲな雰囲気を醸し出していました。
旧客が消えて数年後には同じ側線に北近畿タンゴ鉄道の新車DCがずらりと並んでいたのも今では懐かしい思い出です。
Posted by 西宮後 at 2012年09月10日 22:47
 西宮後さん、こんばんは〜〜
 おお〜〜 Sセメント同定〜〜 それは今日の記事(http://okunokun.ikora.tv/d2012-09-10.html)の三枚目の写真です〜〜 左のマンションに曲がっていく道が倉谷側線なもので。ありがとうございますです。
 で、伏木さん、お車で?? 何を企んでいるのだろう(笑)。行けたらいいですね。なんか今度は動車の運転が出来るとか。券ゲットできるかな? ちなみに開場ギリギリの列車着です・・
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年09月11日 23:35
もしかして、私の先輩の奥野さん(綾部構内)。舞鶴港線ー倉谷側線の最終に業務していました。西構内にいた飯田です。渋谷さん永井さんが先輩です。
Posted by 飯田 at 2015年01月05日 19:57
 飯田さん、こんばんんは~~
 残念ながら違うようですね。奥野君はプロフィールにも書いている通り、住んだのは、西宮、金沢、和歌山だけです~~ 綾部は小学六年生の時にも行きましたが(笑)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2015年01月05日 21:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。