2012年11月24日

有田鉄道交流館

 おはようございます、ダルダル奥野君です。昨日もPCを触りまくってしまった・・ カテゴリーが大増殖(笑)。
 
 ということで、有田鉄道交流館

● 撮影日 2012年11月16日

 廃線跡巡りでさぼっていた有田鉄道。
時間が余ったので寄ってきました。
交流館の中は大レイアウト〜〜 なんでも2000万円だとか。まあ建物もほぼ自作ですからしょうがないかな? 
中にはこんな写真〜〜 ぼけてますが、SWの横の建物には秩父セメント駐車場?? SSはなかったはずですが謎の表記ですね。
ここは展示運転もしていますが、
ボランティアさんの活動日にはSWがウロウロするそう。
なぜか蒲原の貨車が金屋駅ホームに入っていました。怪しい光景です〜〜 
また紀州鉄道で放置されていた気動車もここに来ています。まあ本来の気動車やSLは奥野君ブログには登場しませんです(笑)。

 ではでは、とうとうネタがなくなってしまいましたが、明日からは近鉄上野線という事で(石を投げないで〜〜)。


同じカテゴリー(保存鉄道)の記事画像
クロフォード公園(旧三笠駅)情報
北見滝ノ上保存機情報
北見保存機2~3情報
北見保存機1情報
北海道糖業北見製糖所保存機情報
津別保存機情報
同じカテゴリー(保存鉄道)の記事
 クロフォード公園(旧三笠駅)情報 (2017-10-22 22:14)
 北見滝ノ上保存機情報 (2017-10-20 15:54)
 北見保存機2~3情報 (2017-10-18 22:29)
 北見保存機1情報 (2017-10-17 22:08)
 北海道糖業北見製糖所保存機情報 (2017-10-16 20:32)
 津別保存機情報 (2017-10-15 20:02)

この記事へのコメント
はじめまして。こんばんは。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
上から3枚目の写真にある秩父セメントの関係施設ですが、
直営ではなく特約店または代理店の倉庫のようです。
ttp://tsushima-keibendo.a.la9.jp/kisyuu/arita.html(外部リンク)
有がい車で袋詰めセメントが運ばれてきていたようですね。
Posted by むさい at 2012年11月25日 20:22
 むさいさん、はじめまして〜〜
 そうなんだ、袋詰めセメントの基地だったのですね。なっとくなっとく。
 でもなんというツボHPを紹介するのだ〜〜(笑)。おかげで午前中、ほぼ全ページを見てしまいました(爆)。こういう人がいるから、突然アクセスカウンターが跳ね上がるのだな。なっとくなっとく。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年11月26日 16:32
奥野さんこんにちは
土曜日にご連絡させていただきました通りこちらを訪問してきました。
SWは、こちらの写真とは連結順序が異なり、駅舎側から順に、SW+無蓋車+車掌車の順でした。動くときに再訪したいところです。
藤波駅往復はバス便が無かったのでレンタサイクルを使いました。廃線跡がロードになっており、途中信号はわずか1箇所、所要片道20分、便利でした。
日差しは強かったですが風があったので何とか持ち堪えました。

午後一のキハ53乗車してすぐに紀勢線で和歌山駅方向へ戻ったのですが、製鉄所に寄ると姫路へ行くには時間的にきついのと気力・体力が残っていなかったので、阪和線撮影でお茶を濁しました。

●販売代理店の専用線
むさいさんがコメントされている通り、写真に写っている秩父セメントの○○建材というのは商社(販売代理店)です。

通常、需要家は販売代理店からセメントを買います。代金は代理店へ支払い、モノはセメントメーカーの工場や出荷基地から直接需要家へトラック等で届けられます。
このように通常、商社は商流に入るだけ(お金のやり取りだけ)なので専用線の世界にはあまり登場しませんが、品種によっては商社が倉庫を持って在庫管理しているケースもあるので、そこが貨車輸送をしていると専用線がありますね。

専用線を持っている商社で有名だったのは岩谷産業ですかね。私有貨車を何両も持っていましたし、廃線跡の世界でも有名ですよね(笑)
Posted by 社長 at 2013年08月19日 11:38
 社長さん、おはようございます〜〜 そしてすみません。携帯メール、夜見ましたが返信する気力がなかったもので。お車で出動していたら楽しい日になったのですが・・
 奥野君も新しくなってから動くのを見てないです。近場はおさぼりする癖が出ちゃってますね・・
 岩谷産業ってそうだったんだ。LPガスの専用線が多いのでメーカーかなと思っていました(汗)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2013年08月20日 09:48
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。