2013年01月09日

因美線智頭駅

 おはようございます、ネムネム奥野君です。昨日1時まで模型を作っていたら4時まで寝れなくなった〜〜 今日はまったり用事をすませますです・・

 ということで、因美線智頭駅 営林局0.1km

●撮影日 2012年4月8日

 ここは
営林局専用線という難儀な所。
早くに廃止されてしまうもので、なかなか同定が出来ません。
でもここは地元の方がご存知でした。
「そういえば、この辺りにいっぱい木材が積んであったわ」。お母さん、ありがとうございます〜〜 
またこの辺は荷物上屋が結構残っていますね。これもそうかな?
 そして因美線のハイライトはここから〜〜 JRもわかっているようで、駅舎巡りの臨時列車もあります。まあ奥野君は別の日に車で行きましたが。

 ではでは。


同じカテゴリー(米鉄局貨物取扱駅)の記事画像
三江線浜原駅
三江線粕淵駅
三江線石見川本駅
三江線因原駅
三江線石見川越駅
三江線川戸駅
同じカテゴリー(米鉄局貨物取扱駅)の記事
 三江線浜原駅 (2017-05-24 13:29)
 三江線粕淵駅 (2017-05-23 13:36)
 三江線石見川本駅 (2017-05-22 11:44)
 三江線因原駅 (2017-05-21 11:54)
 三江線石見川越駅 (2017-05-20 11:46)
 三江線川戸駅 (2017-05-19 12:56)

この記事へのコメント
営林局専用線は廃止が早いですね。
特に大阪営林局管内は中部や東北などの山岳地帯と比べると小規模なところが多く、昔から道が開けてることもあって最初からトラック輸送だったのかも知れません。
林鉄が国鉄駅に乗り入れてた箇所も少なく、町中に出て来ても国鉄にはソッポを向いていた場所も・・・
何だか関西都市圏の大手私鉄みたいですね(笑)

林鉄も廃止される場合は多くの場合国鉄駅側から撤去することが多かったようです。
山元に土場をつくり、製品事業所(伐採前線基地)~土場は林鉄、土場~国鉄駅はトラックというパターンに置き換え。
そのうち両端の鉄道輸送もトラックに変わってしまうわけですね。
Posted by 西宮後 at 2013年01月09日 22:28
 西宮後さん、おはようございます〜〜
 森林鉄道〜〜 ここは多分なかったかと。たしかにゆったりとした山並みで,トラックで充分だったような感じです。町中でも国鉄にそっぽ〜〜 高野線もそうだったですね。延々と並行した路線を残し川が終点って、まあここは南海より古い歴史を持っていますから少し事情は違いますが。
 で、今日は青くなってないですね(笑)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2013年01月10日 08:37
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。