2013年12月10日

福井鉄道福井新駅

 おはようございます、連続アップの奥野君です。まだ先は長い・・

 ということで、福井鉄道福井新駅 D紡績1.1km

●撮影日 2013年11月23日

 今では
日赤前ですが、
ここも怪しい駅。
でD紡績は?? RealMapでは花堂側から本線分岐していますがさっぱり分かりません。で、地元のお父さんにお聞きすると、なんと案内してもらえましたです。ありがとうございます〜〜 
本線分岐はこの辺。
いかにもという
カーブを曲がって
交差点を渡っていたそうです。工場も住宅地になっていましたが、
紡績工場らしい塀が残っていました。
駅名にもなっている日赤も工場だったのかな? 
 ということで、西宮後さんとの珍道中報告は終わりです。

追記
 今日(2014年1月8日)金沢の地図を探していると、福井の地図を発見。なんとちゃんとこの専用線が載っていました。それによると、交差点を斜めに渡った専用線はほぼまっすぐ道路からは斜めの方向に300m。そこで左に曲がり200m。で、工場の建物の間に伸びていたようです。日赤病院はこの地図にも同場所にあるので関係なかったですね。

 ではでは。


同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事画像
北陸線柳瀬旧線
北陸線刀根駅
尾小屋鉄道 観音下駅
尾小屋鉄道 尾小屋駅跡
城端線城端駅
庄川軌道小牧線
同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事
 北陸線柳瀬旧線 (2016-05-28 20:15)
 北陸線刀根駅 (2016-05-27 19:53)
 尾小屋鉄道 観音下駅 (2016-05-26 16:20)
 尾小屋鉄道 尾小屋駅跡 (2016-05-25 17:00)
 城端線城端駅 (2016-05-23 22:15)
 庄川軌道小牧線 (2016-05-22 18:24)

この記事へのコメント
奥野さん、こんばんは~。
福井新の事後調査報告です。
禁断の航空写真によるとこの塀の内側は社員寮らしき建物が並んでいたようです。
当時からこの塀の場所が工場南端で、専用線は寮や中庭を北北西方向に横切って工場倉庫に達していたものと見られます。

この専用鉄道は昭和26年にできており、加藤6.5t機が新製配置された様子。
加藤製作所のDLは昭和26,27年製が随分と多いようです。
時期的に朝鮮戦争特需で紡績工場などはフル操業、戦時中に取り上げられた工場を取り戻すべく新工場の増設に励んでいた様子が窺えます。
地元自治体も工場誘致に躍起で専用線用地は自治体が土地を買い上げて企業へ提供していたようです。
Posted by 西宮後 at 2013年12月11日 00:16
 西宮後さん、こんばんは〜〜
 さすがですね。歴史が分かると興味も倍加しますです。でも調べる気力は奥野君にはありません〜〜
 またブログも激しく更新されていますね。名古屋鉄道管理局はお任せしますので、よろしく〜〜(笑)。ご入用ならばRealMapもコピーしましょうか?
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2013年12月11日 16:32
機関車や実際乗り入れていた編成はどんなだったろうか?と調べ始めたら古い統計資料にまで手を付けてしまってました(笑)
1年間の貨物の発着t数や品目から貨車の種類や両数を割り出してみようとかいう不毛な作業をやってます(爆)
現地調査は既に名鉄局外にも侵入しちゃってます~(^ ^;)
ただ地元のが気軽に調べられるのでUPは名鉄局管内が多くなるでしょうね。流石に遠出した先で一日中図書館で資料調査と言うのはなかなか・・・。
>RealMap
次回お会いしたときには是非~(笑)
Posted by 西宮後 at 2013年12月14日 22:00
 西宮後さん、こちらでもこんにちは〜〜
 あらら、恐ろしい作業を(笑)。現地調査、奥野君は北陸編が終わったら近畿に戻り今度は四国予定〜〜 なかなかかぶりませんね(爆)。
 RealMapは近いうちに送りますです。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2013年12月18日 15:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。