2014年01月17日

北陸鉄道服部駅

 おはようございます、今日は野暮用の奥野君です。来週末くらいにはどこかに行きたいな__

 ということで、北陸鉄道服部駅 H鉱業0.1km

●撮影日 2013年11月24日

 ここは
本線も自転車道になっているところ。
バス停はありますが
駅はどこだったか。
南東に怪しい建物がありますが、牛さんでした。
南西のこの建物が怪しいですね。ナビ君にもでてくる現役(?)鉱山なもので。

 ではでは、久々に散髪に行くと寒い・・(笑)。お部屋のお片づけまではたどり着きませんでした(爆)。


同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事画像
北陸線柳瀬旧線
北陸線刀根駅
尾小屋鉄道 観音下駅
尾小屋鉄道 尾小屋駅跡
城端線城端駅
庄川軌道小牧線
同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事
 北陸線柳瀬旧線 (2016-05-28 20:15)
 北陸線刀根駅 (2016-05-27 19:53)
 尾小屋鉄道 観音下駅 (2016-05-26 16:20)
 尾小屋鉄道 尾小屋駅跡 (2016-05-25 17:00)
 城端線城端駅 (2016-05-23 22:15)
 庄川軌道小牧線 (2016-05-22 18:24)

この記事へのコメント
こんばんは~。北陸鉄道は僕を怪しげな世界に引き込んだ「犯人」なので毎晩記事に見入ってます(笑)
服部駅の専用線は昭和30年頃に隣の大日川駅から移ってきているようです。
この頃の私鉄専用線は同じ専用線なのに途中で扱い駅が隣の駅に変わるという例がちらほら見られます。
書類上のことなのか積み出し施設がお引っ越ししたのかは分かりません。
服部駅は金名鉄道服部~白山下開業時の始発駅で車庫もある主要駅だったのですが今ではそんな面影もありませんね。
「山側から線路をつくっとけば誰か金沢からレールをつなげてくれるだろう」という路線の敷き方をしていたようで・・・まあ実際に石川線と繋がったので意図は当たったのですが何ともアバウト~(^ ^;)
Posted by 西宮後 at 2014年01月17日 22:41
 西宮後さん、おはようございます〜〜
 なんと、服部駅がそんな重要な駅だったなんて今まで知りませんでした。高校時代に乗った時も超オンボロ駅だったのを覚えていますが(笑)。なんで覚えているかといえば、そのとき一緒に行った親戚が『阪急服部』に住んでいたもので(爆)。
 でもほんとアバウトですね。だいたい服部〜白山下なんて需要があったのだろうか??
 明日は白山下です〜〜 営林署専用線。ラッキーなことに地元の方々がなんかの作業を終えられた夕方だったので、特定出来ました〜〜(まあ場所だけですが)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2014年01月18日 09:33
こんばんは~。

当初の開業区間末端駅、車庫があったのは服部駅でなく加賀広瀬駅でした~(^ ^;)
どうも失礼しました(_ _)

開業前に鶴来から広瀬まで仮設線路を敷いて機関車が自走したそうです。途中手取川を仮設橋で渡すときに橋桁が折れ機関車が転覆、高さ深さは大したことなかったのですが機関士さんが大火傷を負ったそうで。
機関車は後日引き上げて線路工事に使ったとか。
Posted by 西宮後 at 2014年01月18日 20:30
 西宮後さん、おはようございます〜〜
 加賀広瀬〜〜 そういえばお家にあるとんでもない写真集にその写真があったはず。でも手取川橋梁はこの線にとって最初から鬼門だったんですね。まあローカル線にとって橋梁は鬼門ですが。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2014年01月19日 07:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。