2014年02月21日

城端線城端駅

 おはようございます、昨日は『機関車表』と『カモジ』と4Kビデオカメラを予約注文してしまった奥野君です。ひと月プラ板で遊んでいると発作を起こしてしまった(笑)。

 ということで、城端線城端駅 K電力0.1km

●撮影日 2012年10月24日

 ここは
もう
日暮れ〜〜 
なんか妙な線路ですが、『懐かしい駅の風景』様の配線図(http://senrohaisenzu.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/1979103-e187.html)ではターンテーブルが。
かろうじて穴は判読できました。
で、貨物ホーム跡はこれかな? 
で、専用線は・・ 昭和45年くらいしか残ってない電力会社専用線なんて多分ダム工事用で残りませんね。
妙な空き地があったのでこれにしておきましょう(殴)。
で、真っ暗な農業倉庫〜〜(呆)。 

 ではでは、冬は塗装が乾かなくて困りますね。


同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事画像
北陸線柳瀬旧線
北陸線刀根駅
尾小屋鉄道 観音下駅
尾小屋鉄道 尾小屋駅跡
城端線城端駅
庄川軌道小牧線
同じカテゴリー(金鉄局貨物取扱駅)の記事
 北陸線柳瀬旧線 (2016-05-28 20:15)
 北陸線刀根駅 (2016-05-27 19:53)
 尾小屋鉄道 観音下駅 (2016-05-26 16:20)
 尾小屋鉄道 尾小屋駅跡 (2016-05-25 17:00)
 城端線城端駅 (2016-05-23 22:15)
 庄川軌道小牧線 (2016-05-22 18:24)

この記事へのコメント
奥野さん、こんばんは~。
激忙一週間がようやく終わった ~(- -)~
城端の電力専用線は某所で貨物上屋や索道、倉庫、宿舎の図面集を見付けてコピーしまくったことが(笑)
庄川水系の電源開発は越美南線と城端線と両側から手分けするかのように資材を送り込んでました。

城端の専用線では未成線ですが庄川水力の小牧ダム専用鉄道延長計画もありました。庄川流木事件として戦前昭和史に残る何ともドロドロした嫌な話が絡むのですが・・・。
庄川の電力専用鉄道は元来加越線青島町(庄川町)駅が起点でした。ところが庄川で木材流送を行っていた木材業者が加越鉄道社内の派閥争いに勝ち主導権を握ると商売敵の電力会社専用線分岐をぶった切り。
電力側は対抗措置で少し離れた城端に線路を付け替えることに・・・するとまたまた木材側が先回りして建設ルート上の土地を買い占め・・・しまいには庄川の専用鉄道上で両者が武力衝突というとんでもないことに(_;_)
電力側は専用鉄道を使って血気盛んな人夫連中を送り込んだところ電気機関車も破壊されてしまったとか。
因みに電機は修理されて富山地鉄のデキになってました。
昔南富山車庫にこのデキを見に行ったら解体された直後というこれまた個人的にも後味の悪い思い出が・・(^ ^;)

鈴鹿医療科学大学・・・奥野さん曾遊の地でしたか!あの施設からは元航空隊基地など想像もつかない変わりようですね~
Posted by 西宮後 at 2014年02月21日 22:22
 西宮後さん、おそくなりまして〜〜
 なんと『激忙』、懐かしい言葉ですね。なんか昨日も『働け』電話が来ましたが(笑)、なんかな〜〜
 なんと両側から資材輸送・・すごいですね。その上武力衝突・・恐ろしきや。
 鈴鹿医療科学大学は紡績工場の跡地を払い下げてもらったとかいう話を聞いた事がありますです。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2014年02月23日 06:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。