2020年08月28日

相模鉄道星川駅

 こんにちは、おさぼり(殴)奥野君です。なんか調子が出ませんね。無理矢理持病数値を下げたせいもありますが・・ でも今日はちゃんと朝から洗濯掃除して模型作り~~

 ということで、相模鉄道星川駅 N硝子0.6km、F電気0.6+0.5km、H化学0.2km

●撮影日 2019年5月5日

 ここは相模鉄道星川駅
いくつも専用線がありましたが、比較的早く(N硝子が最後で昭和50年にはなくなっています)廃止されています。相模鉄道星川駅で、資料は航空写真だけ・・ 相模鉄道星川駅
黒枠の工場はこの辺で、相模鉄道星川駅
ビルにFの文字が。相模鉄道星川駅
川向うに行く鉄橋は道になっていましたが、幅が広すぎ~~ 相模鉄道星川駅
まあ橋台はこんな感じですが。相模鉄道星川駅青枠は今は・・ 
相模鉄道星川駅
そして緑の線はどこで分岐していたのやらという状態でした。相模鉄道星川駅
なんかこんな看板もありましたが、40km以上のトロッコ線なんて巡らないぞ~~(笑)。

 で、何といつもコメントを下さるN氏の元地元でした~~ 全面書き換えをさぼって、コメント転載します~~(殴)。

『奥野さん、こんばんは~。
星川は通勤や買い出しでよく行った場所ですね~。
今から見るとあの手狭な場所によくもというところですが車両基地も存在しました。
F電池はまさにその場所~。
H化学は星川駅の横浜方北東方向の線路と帷子川に挟まれた狭い場所。
緑の線はN硝子線でビール瓶をつくっていたそうです。
帷子川を渡る線路を書いておられますがそちらは水道道の道路橋で側線はありませんでした。
横浜水道軌道~お出かけで近所の軌道跡はよく通ってました。浄水場の古い柵が6kgレール流用でしたね。』

 ではでは、なんかしょうもない会見があるようですが、ほんとに検査するのかな?


同じカテゴリー(東京南局貨物取扱駅)の記事画像
神奈川臨海鉄道浮島町駅2
神奈川臨海鉄道浮島町駅1
神奈川臨海鉄道末広町駅2
神奈川臨海鉄道末広町駅1
神奈川臨海鉄道千鳥町線東線
神奈川臨海鉄道千鳥町線西線
同じカテゴリー(東京南局貨物取扱駅)の記事
 神奈川臨海鉄道浮島町駅2 (2020-10-14 18:31)
 神奈川臨海鉄道浮島町駅1 (2020-10-13 18:14)
 神奈川臨海鉄道末広町駅2 (2020-10-12 18:36)
 神奈川臨海鉄道末広町駅1 (2020-10-11 19:11)
 神奈川臨海鉄道千鳥町線東線 (2020-10-10 19:56)
 神奈川臨海鉄道千鳥町線西線 (2020-10-09 19:43)

この記事へのコメント
奥野さん、こんばんは~。
星川は通勤や買い出しでよく行った場所ですね~。
今から見るとあの手狭な場所によくもというところですが車両基地も存在しました。
F電池はまさにその場所~。
H化学は星川駅の横浜方北東方向の線路と帷子川に挟まれた狭い場所。
緑の線はN硝子線でビール瓶をつくっていたそうです。
帷子川を渡る線路を書いておられますがそちらは水道道の道路橋で側線はありませんでした。
横浜水道軌道~お出かけで近所の軌道跡はよく通ってました。浄水場の古い柵が6kgレール流用でしたね。
Posted by 西宮後 at 2020年08月28日 21:53
 西宮後さん、こんばんは~~
 あらあら、どうも全面的に作り変えですね~~(汗)。まあとりあえず例によってコメント転載でごまかします~~(殴)。でも地元だったんだ・・(驚)
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2020年08月30日 19:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。