2012年02月10日

関西線久宝寺駅

 おはようございます、またまたよく寝た奥野君です。

 ということで、関西線久宝寺駅 Y鉄工0.2km K鉄鋼所0.5km

●撮影日 2012年1月28日

 ここには
昔竜華機関区が。
奥野君が行った時はSLとELがごろごろしていましたが、今は再開発されて何にもない・・ 
専用線も工場もどこにあったのだろう?? 
八尾駅からそんなにないのでトコトコ歩いて行きましたが、わかりませんでしたです。

 ではでは、今日は当直〜〜


同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事画像
南海紀伊清水駅
南海学文路駅
和歌山線妙寺駅国鉄砂利側線
和歌山線妙寺駅砂利トロッコ線
有田鉄道廃線跡2
有田鉄道廃線跡1
同じカテゴリー(天鉄局貨物取扱駅)の記事
 南海紀伊清水駅 (2017-03-08 21:00)
 南海学文路駅 (2017-03-02 06:15)
 和歌山線妙寺駅国鉄砂利側線 (2016-12-14 13:00)
 和歌山線妙寺駅砂利トロッコ線 (2016-12-13 18:17)
 有田鉄道廃線跡2 (2016-10-19 19:27)
 有田鉄道廃線跡1 (2016-10-18 22:20)

この記事へのコメント
奥野君さま

おはようございます。

あは(*^o^*)
久宝寺駅…
降りましたね。

関西線…

もしかしなくても
奈良…
大和郡山…
関西線ですね。

大和路快速が頭にあり
関西線を
忘れていましたm(_ _)m

縁がないなどと
嘘をつきました(^◇^;)
Posted by 串子 at 2012年02月10日 09:51
今晩わ奥野様。いつも楽しく拝見させていただいております。3枚目の画像の地図で「神武町」とある区画上端を通っている道が駅の方に曲がっている角のところ(一般的な地図で見ると日通天王寺支店の東隣にあるK土木建設という会社の場所)に,いつもの資料で黒っぽい資材と貨車が居るような?どっちの会社かよくわかりません(役に立たなくてすいません)。竜華は現役時代来たくてたまらない所でしたが見ること無く終わってしまいました。この駅西方から分岐していた阪和貨物線はどうにか見ることが出来ましたが,いつの間にか幻となっておりました。この貨物線の途中(谷町線出戸駅付近)から分岐していた線路も機会があれば調べたいものです。
Posted by オキアミ友の会 at 2012年02月10日 22:07
 串子さん、こんばんは〜〜 
 すみません、今は大和路線の方が有名でしたね。奥野君にとってはややこしくって・・京都線、神戸線、宝塚線って「お前は阪急か〜〜」といつもつっこんでいます(笑)。

 オキアミ友の会さん、こんばんは〜〜
 あらら・・黒い貨車に阪和貨物線の分岐線?? またまた怪しげの情報を(笑)。また近い内にお出かけかな?(懲りないやつだ・・)

 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月11日 19:15
前略
私も「竜華機関区」へまでは、当時脚を伸ばせなかった一人です。
伊勢に住む人間にとって「大阪」は小学生の守備範囲外です。
しかい、当時の「機関車配置表」を見ていると、面白い貨物用電気機関車がありますね。
大学生の頃、関西線に「奈良」から乗って、平野の近くを通ると、上下線が随分離れていて、「ああ、ココが竜華機関区だったんだ!」と納得した憶えがあります。
草々
Posted by AKILIN at 2012年02月11日 20:42
 AKILINさん、おそくなりまして〜〜
 確かに伊勢から竜華は小学生には遠いですね。奥野君も小学生は、甲子園から河内堅上が限界でした。でもなぜか加悦には幼なじみと行ってるんだな。SLミステリー列車というとんでもないツアーで、3段寝台でC57,D51,9600牽引で最後は加悦のSL〜〜 さすがにこれは無火でしたが。最高に楽しかったですが、フィルムが回っていませんでした(クスン)。
 ちなみに竜華の電機は阪和線で目覚まし代わりでした〜〜(おじん・・)
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月13日 06:41
こんにちは奥野様。貨車はトキとかトラとか無蓋車の類で百メートルちょっとの線路が2本並んでいる様に見えます。阪和貨物線の分岐は1948年の米軍撮影の写真で見受けられるもので,原始的な方法ですが画面に紙を押し当てて写し取って現在の地図に重ねてみると,大阪市交通局谷町線八尾車庫の北にある官舎地区あたりまで続いている事が判ります。この1948年の写真を今見ていて気付いたことが一つ…阪和貨物線を南にたどって瓜破の霊園に沿って西に曲がってそのまま進んでいくと途中で線路が確認できなくなるような…?阪和線の杉本町から東に分岐している位置はみてとれるが,これは昭和28年版駐留軍専用線リストにある「杉本町軍用側線」のようで横にある進駐軍施設(現・大阪市大)に入ってそこから先が無いように見えます。これは早速調査してみます。
Posted by オキアミ友の会 at 2012年02月18日 13:26
 オキアミ友の会さん、こんばんは〜〜
 なかなか航空写真に嵌ってますね〜〜 そうなんだ、市大が米軍だったのか。金岡(現堺市)側線や杉本町側線ってどこに行ってたんだろうと思ってましたが。これは阪和貨物線も覗かなくっちゃいけなくなりましたね。でも気合いが〜〜(笑)。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月19日 18:31
 奥野様お仕事お疲れ様です。元々地図を見るのが大好きなので航空写真は楽しいですね。グーグルアースとかでも大阪市内でナローの線路が見えるところがあったりしますし(笑)。
 話は戻って,調べて参りました。どうも認識が逆だったようですね。「阪和貨物線から分岐している」でなかったようです。最初にここに線路が敷かれたのは竜華から出戸を経由し長原(大阪市交通局長原事業所付近,ここは八尾空港の前身である大正飛行場が軍用化され拡大されたときに飛行場の敷地となっており航空補給廠があったのではないかと思われます)に至る側線として昭和17年に開通した「大正飛行場支線」だったそうです。これは敗戦により使用されなくなったようで,戦後になり関西本線と阪和線を結ぶ貨物線計画(接続駅である天王寺駅阪和線ホームが高架上にあり貨物の取扱が難しいため短絡線が必要であった)が持ち上がり,飛行場支線を改良延長し昭和27年に竜華~杉本町が阪和貨物線(南大阪臨港線)として開通したそうです。ここでまた一つの疑問が…昭和23年の写真では出戸で飛行場支線から分岐して瓜破霊園の横を通る路線(後に阪和貨物線となるところ)があります。この線はいったい何なんだろう?「瓜破にあった飛行機工場に続いていた」との説もありますが,これ以上は自衛隊のお友達にでも聞かないとわかりません。
 杉本町軍用側線のここは元々「大阪商科大学」で軍に徴用され,戦後は進駐軍に「米陸軍キャンプ堺」として接収されていたようです。側線はいつごろ出来たのかはよくわかりません。堺市駅南方より東に分岐する金岡軍用側線も同じ方法でおおよその場所を確認できます。
Posted by オキアミ友の会 at 2012年02月19日 21:40
 オキアミ友の会さん、おはようございます〜〜
 なかなか詳しくお調べになったようで、奥野君的にはありがたいです〜〜 奥野君の天鉄局リストには金岡と杉本町は「調査要」としてほったらかしになってるもので(笑)。
 大阪市内にナロ〜〜 安治川口のかな? あそこはちらっと撮りましたが、先週覗くと綺麗に舗装化されていましたです。
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月21日 06:37
 奥野様,おはようございます。
 金岡も現在調査中です。ここは旧軍時代からの広大な軍用地で部隊・施設も多数あった場所です。
 安治川口も軌道の跡が見えますね,安治川口は路線がが桜島線としか呼ばれていない頃一度行ったことがありますが,引き込み線の跡や可動橋の跡等見て撤収してしまったのでS金の中は見たことがありません。今見ると構内に新しそうな短い軌道と軌陸車みたいなのが写ってますね。私が出したナローの件は桜ノ宮北側,旧淀川駅の端にある日通Y流通センターの2軒西側,Oリバーサイドホテルとの間にある倉庫の様なところです。トラックが数台止められていますが,倉庫に平行して渡り線を持つ2本の軌道が並んでいるのがわかります。ただストリートビューでみると「市有地売却物件」とのぼりが立っており今もあるのでしょうか。先週,仕事ですぐ近くまで行ったのですが,同行者がいたため確認には行けませんでした。
 話が久宝寺から大脱線してしまいましたが竜華の想い出として廃止される頃ここでイベントが開かれることになって,確かDD13か何かの運転体験に応募して「当たったら連れってやる」と親に約束を取り付けたのですが,簡単に当たるはずも無く儚く終わってしまったのですが……今思えば当否にかかわらず連れってもらえばよかったのですね。私が竜華跡を見ることができたのはAKILIN様同様に学生になり青春18切符でウロウロするころになってでした。
Posted by オキアミ友の会 at 2012年02月23日 07:04
 オキアミ友の会さん、おはようございます〜〜
 おお〜〜淀川にナロー?? まだ淀川は行ってませんです。片町線の軍用線と絡めていこうとしているもので。安治川口は明日覗いてきますです。金岡は?? なかなか手強そうなのでゆっくり地図を見る時間が出来てからかな?(謎)。ちなみに3月は18切符で中国地方下見旅行メインです〜〜
 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2012年02月24日 06:46
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。