2009年05月07日

魚梁瀬森林鉄道廃線跡情報

 おはようございます、昨日は寝太郎になってしまった奥野君です。まあ模型も少しは進みましたが。

 ということで、魚梁瀬森林鉄道廃線跡情報。

● 撮影日 2009年4月25日

 魚梁瀬森林鉄道は、安田川線と奈半利川線が山の中で合体していました。魚梁瀬地区はダムに沈んでしまったものの、残りのかなりの部分が県道などで現在も現役で、あちこちに遺構が見られます。
 まずは安田川線、対岸にガーター橋などを臨みながら上っていくと、
道脇にトンネルが〜〜 
橋が〜〜 
馬路村入り口にもトンネルが〜〜 ちなみに線路は一時期DLを保存していた名残です。
 でも凄かったのは奈半利川線ですね。県道の途中から現れるほとんどが森林鉄道のトンネル。
そして橋のたもとにはこんな看板が・・ 
圧巻はこの長大橋かな? これも現役です。
そして一番見たかったのがこれ〜〜 編集長のブログに載っていた線路をまたぐ参道。ちなみに「中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会」発行の「高知県中芸地区森林鉄道遺産調査報告書」には合計260カ所の遺産が地図写真付きで載ってますです。私が調査した時間は2時間もなかったので、また行きたいですね。高架橋とか桟橋の残骸とか・・

 ちなみにこれは愛車フィット君の最高燃費記録の瞬間。高知でガソリンを食べさせ奈半利に着いたときのものです。インサイトを超えそう・・ 1500マニアル仕様ですが、手放せませんね〜〜 走行距離が5年で9万キロを超えていますが。まあ普段は18〜19キロです・・

 ではでは、やっとお出かけ報告が終わったので、明日からは過去専用線報告に戻ると思いますです。


同じカテゴリー(保存鉄道)の記事画像
長野電鉄大本営跡
上田交通ED251
江別北電保存機情報
三笠鉄道村
クロフォード公園(旧三笠駅)情報
北見滝ノ上保存機情報
同じカテゴリー(保存鉄道)の記事
 長野電鉄大本営跡 (2017-11-25 18:44)
 上田交通ED251 (2017-11-07 20:45)
 江別北電保存機情報 (2017-10-24 19:41)
 三笠鉄道村 (2017-10-23 15:07)
 クロフォード公園(旧三笠駅)情報 (2017-10-22 22:14)
 北見滝ノ上保存機情報 (2017-10-20 15:54)

この記事へのコメント
こんばんは。
魚梁瀬林鉄やっぱり凄まじいですね~。
ちょっと見ただけでクラっときてしまう物件ばかりです(笑)
機関車群も加藤や酒井とも一風変わったキワモノ揃い~♪
廃線跡は木曽より早く廃止になったにもかかわらず遺構が豊富ですね。
こんなところを全て回るのならいっぺん現地に住んでみなければならないかも・・・林フルエンザ陽性反応です(爆)
こちらはGW中にまた木曽は王滝松原公園の復元活動に行ってきました。
モーターカーの錆び落としで初めてグラインダを使った作業を体験したり改めて動態保存の大変さを味わいました。
とはいえ作業中は怪しげな風景が見放題なんで大変さより楽しさの方が遥かに上回ってますが(^ ^)
Posted by 西宮後 at 2009年05月07日 21:22
 西宮後さん、おはようございます〜〜
 「林フルエンザ陽性反応」とはうまい表現ですね。今度使わせてもらおっと(笑)。
 魚梁瀬は本線をうろうろする限りアクセスがよいので奥野君向きですね。今度は自転車を積んでうろうろしたいです。木曽大滝〜〜 長く行ってませんがビデオを作らないと行きにくいですね(謎)。活発に活動しておられるようで、何よりです。
 ではでは
Posted by 奥野君 at 2009年05月08日 08:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。