2019年02月05日

青梅線宮ノ平駅

 おはようございます、遅刻アップの(殴)奥野君です。昨日2時間早引きできたので6時にご飯を食べたら寝てしまった・・ おかげで起床は2時過ぎ~~(笑)。

 ということで、青梅線宮ノ平駅 T商工0.1km、Dセメント0.4km

●撮影日 2018年4月8日

 ここは
山に入る手前の駅。
でも資料では
東側南北に二本の専用線が。
東北側に分かれる専用線はカーブしてすぐ敷地が。
ゲージは分かりませんが、線路も~~ 
先もこんな感じだし、こちらが木材系のS商工だったのかな? となるとセメント線は・・ 
駅南側のヤードこそ敷地が残っていましたが、
先は・・ このプレハブが標高に合っていましたが、
その先は
お家が並んで辿れそうになかったのでパスしました(殴)。

 ではでは、今日の分のアップはいつになるかな? 新幹線の中ですることをリストアップしたら、膨大な数に~~


同じカテゴリー(東京西局貨物取扱駅)の記事画像
中央線飯田橋駅2
青梅線氷川(奥多摩)駅
青梅線古里駅
青梅線二俣尾駅
青梅線河辺駅
青梅線青梅駅
同じカテゴリー(東京西局貨物取扱駅)の記事
 中央線飯田橋駅2 (2019-02-08 19:32)
 青梅線氷川(奥多摩)駅 (2019-02-07 21:30)
 青梅線古里駅 (2019-02-06 06:45)
 青梅線二俣尾駅 (2019-02-06 06:43)
 青梅線河辺駅 (2019-02-01 06:53)
 青梅線青梅駅 (2019-01-31 07:12)

この記事へのコメント
奥野さん、こんばんは~。
6枚目までが青梅電気鉄道の石灰鉱山専用線ですね。
6枚目奥に見える真っ直ぐ切り立った崖が採掘跡のようです。
かつて国有化される前は電鉄直営の石灰鉱山でしたが国有化後青梅線になってからも名義が青梅電鉄になっている不思議なところ。
一応会社は存続していたので名義だけ残ったのでしょうか。
確か二俣尾も同様の電鉄直営鉱山だったはず。
宮ノ平駅裏には城址のような石垣(索道施設か何か??)も残り怪しげなところですね。
Posted by 西宮後 at 2019年02月05日 22:58
 西宮後さん、遅くなりまして~~(殴)。

 やはり採掘跡でしたか。電鉄直営の鉱山って珍しいですね。鉄道建設のコンクリートのため?(まさかね)。
 なんか奥野君がネットでゲットした駅から左に伸びる専用線もあったようですが、辿れませんでした。
 駅裏の石垣~~なんかなあと思っていましたが(笑)、やはりそう見えますか(爆)。

 ではでは。
Posted by 奥野君 at 2019年02月08日 19:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。